2009年09月06日

映画「幸せはシャンソニア劇場から」を観た感想

★★★★ 「幸せはシャンソニア劇場から」

どこか懐かしい心温まる物語だ。
邦題もとってもとってもいい〜!

ピゴワルは景気さえよければ、人のいい真面目なお父さん。
でも不況で劇場の仕事がなくなってしまった。
ピゴワルには似合わない美人妻は男と逃げる。
幼い息子はパパの酒代のためにアコーディオンを弾く。
泣かせるじゃないか。

仕事があれば、ピゴワルだって酒におぼれたりしない。
劇場にお客さんが入りさえすれば。
劇場を立て直すためにみんなで頑張るのだ。

しかし、客の入りが悪かったのは出し物が悪かったせいもある。
新しくやってきた歌手の女の子のおかげで大盛況。
この女の子もワケありなんだけど、
あたし、ずーっと悪徳社長の隠し子かと思ってた。

ラジオ男はラジオをずっと聴いているから、
引きこもりでも世の中の流れを一番把握している。
引きこもるのは真面目すぎる性格だから?
暗いようで、結構物分かりがいい。

みんなが頑張って客も戻ってきたのに、
そうそううまく行くことばかりじゃない…。
世の中、いい人ばかりじゃないのだ。

でも、悪い人も良い人もひっくるめて、
全ての登場人物を温かい目で見てあげたくなるの。
人生山あり谷あり。
どんなときでもあきらめないで、自分の出来ることをする。

どんな時でも人は楽しいひと時を求める。
シャンソニア劇場は街の人が来るのを待っている。
誰でもそこへ行くと元気を取り戻すのだ。

そんな場所、アタシは家庭で作りたいよ。

【あらすじ】
(象のロケット『幸せはシャンソニア劇場から』より引用)
1936年、“フォブール(郊外)”と親しみを込めて呼ばれるパリ北部の下町。 ミュージックホール・シャンソニア劇場が不況のあおりで閉鎖された。 長年働いてきた裏方のピゴワルは妻に逃げられ、「失業で扶養資格なし」と判定されて息子とも引き離されることに。 行き場のない仲間たちと突然「劇場を占拠」したピゴワルは必死の思いで再建に立ち上がるが…。 音楽ヒューマンドラマ。

posted by ミカ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

*幸せはシャンソニア劇場から*
Excerpt: {{{   ***STORY***            2008年 フランス=ドイツ=チェコ 1936年、パリにあるミュージックホールのシャンソニア劇場は、経営不振のため閉鎖となる。30年以上この..
Weblog: Cartouche
Tracked: 2009-09-09 14:32

「幸せはシャンソニア劇場から」下町の劇場の再生物語
Excerpt: 「幸せはシャンソニア劇場から」★★★ ジェラール・ジュニョー、クロヴィス・コルニアック、カド・メラッド、ノラ・アルネゼデール主演 クリストフ・バラティエ監督、120分、2008年、チェコ、 ドイツ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-09-15 07:44

『幸せはシャンソニア劇場から』@シネスイッチ銀座
Excerpt: 下町の人々から愛されるミュージックホール、シャンソニア劇場が不況のあおりを受け、不動産屋に取り上げられる事態に。支配人のピゴワルは仲間たちとともに劇場を取り戻そうと、オーディションにやって来た美しい娘..
Weblog: 映画な日々。読書な日々。
Tracked: 2009-09-19 22:50

『幸せはシャンソニア劇場から』よみがえる
Excerpt:  【ネタバレ注意】  巴里の空の下、建物の屋根が連なる。カメラはゆっくりと下がり、街角の石畳を映し出す。  そこに流れる懐かしい音...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2009-10-28 01:51

mini review 10479「幸せはシャンソニア劇場から」★★★★★★★★☆☆
Excerpt: 『コーラス』の製作者ジャック・ペランとクリストフ・バラティエ監督が再タッグを組み、フランスで130万人の動員を記録した感動作。経済不況や戦争の影が忍び寄る1936年のフランス、パリ北部の街角にあるミュ..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2010-08-18 10:54
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。