2009年08月11日

映画「ココ・シャネル」を観た感想

★★★★「ココ・シャネル」

シャネルの服もバッグも一個も持ってない。
ロゴが大きい…。
シャネル・スーツのデザインも好みじゃない。
今まで、あんまし好感持ってなかったのさ。
でも、この映画を観て、ちょっと見直した。
そんなにもデザインや素材の改革者だったなんて。
洋服の歴史のお勉強としても面白い作品だった。

シャーリー・マクレーンって貫録あるー。
しかし、出番としては少ないの。

どちらかというと、若き日のシャネルの物語。
若い頃のシャネルはとてもイキイキしている。

孤児から実力でのし上がった人物。
でも、のし上がる裏にはパトロンがいた。
それは責められないと思うよ。
いくら実力があっても、運がなきゃ道は開けない。
運は自分で作るもの。
男はいくらでも利用しなくちゃ。
たまたま恋人が金持ちで人脈があって応援してくれたってだけだもの。

最初の彼はまったくいけ好かないヤツだった。
家族にも紹介しないなんてヒドイ!

次の彼からはプロポーズもされたのに、
彼女のプライドが邪魔をした。
昔のキャリアウーマンは仕事第一だったのだ。

この作品、なーんか違和感があったのよ。
突然シャネルの復帰シーンから始まるし、
何で「復帰」なのかの説明がない。
んで、ちょっと調べてみたら…。

ナチス将校との恋愛関係が原因で、一時期非国民扱いされてたらしい。
やはり、世渡り上手だったのね。
そのせいで、しばらくスイスに亡命していた。
結構長い年月の空白はそのせい。

非常に重要なことなのに、すっぽり抜け落ちてるのだ。
そこんとこ、キッチリ描いて欲しかったな。
シャネルの会社が許可しなかったのかしらん。

一番美しかった恋愛を中心に描くのは悪くはないけどね。
なーんか、少し興ざめしちゃった。
調べなければよかったと思った。

映画は映画として楽しむべき。
一般的な歴史の真実を知る必要はあるけれど、
映画に真実を求めてはいけないのだ。
映画は夢の世界。
原作本を読んでも全然違う場合が多いんだし。
シャネルを知らないアタシはシャネルを語る資格はない。

【あらすじ】
(象のロケット『ココ・シャネル』より引用)
1954年、パリ。 15年ぶりにコレクションを開催したものの「過去から脱却できないシャネル」と酷評されたココ。 「失望は何度も味わっているわ」とつぶやき、彼女はこれまでのキャリアと愛の思い出を振り返る。 最初の恋人との出会いはココが孤児院を出て、お針子として働き出した頃だった…。 世界的ファッション・デザイナー、ガブリエル・“ココ”・シャネルの物語。

posted by ミカ at 00:34| Comment(2) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、とても違和感がありました。
いくら映画だからって、あまりにかけはなれた物はシラケました。
アメリカンイングリッシュのハーレクィーンを見せられた気がしました。
家も、家具も、昔のテキサスの家にしか見えませんでした。
最低な気分で、途中で、席を立ちました。
Posted by じじ at 2009年09月22日 13:25
じじさん、コメントありがとう!
シャネルの映画って続きますね。
先日観てきました。
これから書きます。
Posted by ミカ at 2009年09月24日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125437585

この記事へのトラックバック

「ココ・シャネル 」伝説のシャネルの一代記
Excerpt: 「ココ・シャネル 」★★★ シャーリー・マクレーン 、マルコム・マクダウェル 、サガモア・ステヴナン 出演 クリスチャン・デュゲイ 監督、133分、2009年、アメリカ/イタリア/フランス ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-08-13 09:47

『ココ・シャネル』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ココ・シャネル」□監督 クリスチャン・デュゲイ □脚本 エンリコ・メディオーリ □キャスト シャーリー・マクレーン、バーボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル、サガ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2009-08-17 08:22


Excerpt: 『20世紀の元祖「負け犬」ココ・シャネルの生き方に学ぶ』 / 「負け犬」――最近でこそあまり耳にしなくなったが、2004年の流行語大賞でトップ10入りした言葉だ。そう言えば、この頃は雑誌やテレビで盛ん..
Weblog: INTRO
Tracked: 2009-08-29 15:27

映画?ココ・シャネルと?ココ・アヴァン・シャネルの違い
Excerpt: ?ココ・シャネル→シャーリー・マクレーン主演(2008年8月公開・英語) ?ココ・アヴァン・シャネル→オドレイ・トトゥ主演(2009年9月公開・仏...
Weblog: かわいいひと。
Tracked: 2009-09-27 18:10
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。