2009年08月03日

映画『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』を観た感想

★★★★『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』

何だかとっても面白そうだったから行ってきたよ。
ドタバタコメディだったけど、
しんみりするシーンもあって、笑いだけじゃなかった。

ギャグだけじゃない、凝った展開がいい。
ひとつ間違えば下品になりそうなんだけど、
ギリギリセーフ…人によっちゃ、やっぱ、お下品?
じいちゃんのアレは見せないで〜!だったけど、
くだらないバカ映画ではなかった。

家族が自分のことしか考えてないようでいて、
実は思いやっているのがよくわかる。

おじいちゃんが世話が焼けるんだけど、
みんな結構手間を惜しまず助けてるのだ。
卑屈にならずに威張り散らしてるじいちゃんがイイ。

精神安定剤のつもりが幻覚剤を飲んでしまう弁護士が、
もう一人の主役みたいに頑張ってた。
お気の毒だけど、ラリってる状態がかわいい。
最後は一緒に万歳したくなった。

お客の中で、見るからにうさん臭い男が2人。
うち1人は、まさかまさかそんなあ?!の役どころで、
「決定的な証拠」をもっとじっくり見たかったよ。

あのお母さん、何でお嫁さんのこと嫌いなのかなあ。
ダンナの親族のことよく把握してる、出来た嫁なのに。

ダニエルが葬式を進めないといけないのに、
「5分だけ時間もらえますか?」と何度も中断。
そのたびに、次の用事で急いでいるのに
「いいとも」と答える神父もおかしかった。
日本のお坊さんと同じで、次の葬式に急ぐのかしらん。

突拍子もないお話だけど、なぜか身近に感じられた。
あんなお葬式あり得ないけど、にぎやかでお父さん喜んだかな?
お盆に親戚一同で観るのにふさわしいかも?

【あらすじ】
(象のロケット『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』より引用)
父の葬儀当日、長男ダニエルは大忙し。 アメリカからファーストクラスで帰国したくせに葬式代は出せないという作家の弟、引っ越しのことしか頭にない妻、妻を嫌っている母、そして参列者たちはこんな時にこんなところで、愛の告白、幻覚剤でトリップ、さらには脅迫騒ぎまで。 もう弔辞どころではなくなった…! ハートフル・コメディ。 ≪最期のお別れは、笑って泣いてさようなら≫
posted by ミカ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ティンカーベル DS
Excerpt: ティンカーベル DSの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ティンカーベル DS」へ!
Weblog: ティンカーベル DS
Tracked: 2009-08-04 08:49
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。