2009年07月04日

映画『蟹工船』を観た感想

★★ 『蟹工船』

だいぶ前から、原作が売れに売れていると報道されていた。
アタシは読んでないけど、代わりに映画を観てきたよ。

しかし、ちょっと期待はずれだった。
面白い原作じゃないにしても、気持ちがつかめない感じ。
観た後もスッキリしない。

浅川が船員たちを虐待するのが、
まるで浅川が自分自身をいじめているかのようだった。
監督の屈折した性格とか深く掘り下げ過ぎてしまったのかな。
浅川だけが、背景のある人物に見えた。

そう、他の登場人物があまり生きていないのだ。
船の中のみんながワイワイしゃべってるシーンはウソ臭い。
だれもこんなところで働く人たちに見えない。
ロシア船のシーンは重要な場だけどシラけた。

みんな団結してるように見えないんだよね。
会社に要求する内容も幼稚。
こういう交渉事を初めてする人たちなんだから仕方ないけど。

松田龍平は中心人物の雰囲気が良く出ていた。
西島秀俊の次によかったと思う。
「みんな自分の思った者になれる。」って言う言葉には感動した。

でも、無気力な工員がロシア船にちょっと乗っただけで、こんなに変わるものかしら? 
変化が突然すぎて違和感があった。

話が動き出したのが本当に最後の最後になってしまい、
これからじゃないかというところで終わってしまった。
ストレスがたまるぞー。

蟹缶を作るところはすごいと思った。
汗ダラダラで、間違いなく缶詰に汗入ってる。
真黒でテカテカしてる衣装は異様で違和感あるけど、
このシーンだけは素晴らしかった。
劣悪な労働環境であることだけは、しっかりと伝わった。

【あらすじ】
(象のロケット『蟹工船』より引用)
カムチャッカ沖で蟹を獲り、船上で缶詰に加工する蟹工船・博光丸。 監督の浅川は労働者たちを人間扱いしなかったが、安い賃金で過酷な労働を強いられている出稼ぎ労働者たちはそんな環境に慣れ、ただ疲れ、絶望しているだけだった。 労働者の一人・新庄は「あきらめるには早すぎる。 自分たちが変わらなければ何も変わらない!」と呼びかける…。 社会派ドラマ。


posted by ミカ at 23:03| Comment(7) | TrackBack(8) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
TBありがとうございます!
ミカさんは、たくさんの映画を観ていらっしゃるんですね〜。
いろいろな映画の観賞日記を読ませていただきました。面白かったです☆

Posted by hima at 2009年07月08日 22:55
himaさん、コメントありがとう!
himaさんの「蟹工船」への温かい応援が素晴らしくて、
すぐこき下ろしてしまう私とは大違いだなーと反省しましたデス。
「砂時計」私もドラマ版が好きです!
Posted by ミカ at 2009年07月08日 23:50
はじめまして♪
TBありがとうございました。

ミカさん(はじめまして…で慣れ慣れしいですが…)の感想を読ませて頂き、
“浅川だけが、背景のある人物に見えた。”には拍手を送っておりました。

私も映画が大好きなんですが、今年はなかなか観に行けず
色々と観逃したりしています。

これからもたくさんの映画の感想で楽しませてください。

Posted by chico at 2009年07月09日 02:06
CHICOさん、コメントありがとう!
苗字で呼ばれるのは好きじゃないんです。
ミカ、ミカちゃん、ミカさん、ミカべえ、
なんとでも呼んでくださいね。
西島秀俊、ホント演技派ですよねー。
顔もイケてるし。
Posted by ミカ at 2009年07月09日 08:22
ミカさん、はじめまして。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

内容的にはそれぞれの場面(エピソード)が中途半端で浅い作りでしたね・・・。

心にも傷を秘めていそうな影のある浅川監督役の西島秀俊と
若いながらもリーダー気質が普通に備わっている
新庄役の松田龍平の演技は良かったですね。
Posted by BC at 2009年07月10日 01:03
BCさん、コメントありがとう!
松田龍平は存在感ありますよねー。
目立たない役をもしやったとしたら、
どんな感じなんでしょうねー。
Posted by ミカ at 2009年07月11日 02:11
ときおさん、コメントありがとう!
原作も昔の映画も知ってらっしゃる方々にとっては、きっとケシカラン作品なのでは?
ご意見ごもっともだと思います。
蟹工船の時代を生きた監督の作品は、原作の世界や思想を大切にしているんだろうと想像します。
SABU監督が何を伝えたいのか、私もさっぱりわからなかったです。
古臭い題材だからポップにすれば現代的になるとは限りません。
観る方は、古臭くても味のある作品で十分なんですから。
芸術家は常に斬新なもので世間をアッと言わせたいんでしょうか。
原作のストーリーをただ利用するだけで、作者の意図や世界観を伝えていない映画が多いですね。
Posted by ミカ at 2009年07月26日 19:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122807340

この記事へのトラックバック

映画「蟹工船」感想
Excerpt: 「蟹工船」見てきました。 涙があふれて困りました、あくびのしすぎで…。いや〜、脚本も演出も編集も酷いです。これ良く公開する気になり...
Weblog: Life on Mars
Tracked: 2009-07-05 10:58

「蟹工船」酷過ぎる・・・1つ☆
Excerpt: yahooの試写会に当たったので、旦那と見ましたが・・・・ 正直、こんな酷い映画は久しぶりに見ました。今年のワースト映画は「お買いもの中毒...
Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫
Tracked: 2009-07-05 13:12

「蟹工船」
Excerpt:  今やすっかり過去のことになってしまったが、派遣切りや派遣村で世間が盛り上がって
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2009-07-05 20:47

蟹工船
Excerpt: カムチャッカ沖で蟹を獲り、船上で缶詰に加工する蟹工船・博光丸。 監督の浅川は労働者たちを人間扱いしなかったが、安い賃金で過酷な労働を強いられている出稼ぎ労働者たちはそんな環境に慣れ、ただ疲れ、絶望して..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2009-07-05 22:13

蟹工船
Excerpt: [蟹工船] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.0/10点満点 2009年65本目(60作品)です。 労働環境の悪化を背景に、脚光を浴びている小林多喜二の..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2009-07-09 17:05

□『蟹工船』■ ※ネタバレ有
Excerpt: 2009年:日本映画、小林多喜二原作、SABU監督&脚本、松田龍平、西島秀俊主演。
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2009-07-09 23:05

蟹工船
Excerpt: 船上で蟹を缶詰へと加工する蟹工船。 劣悪な環境で出稼ぎ労働者たちは安賃金で過酷な労働を強いられていた。 現場を仕切る監督・浅川(西島秀俊)の非道な仕打ちに耐えられなくなった新庄(松田龍平)は労働者たち..
Weblog: 映画道
Tracked: 2009-07-11 15:23

蟹工船
Excerpt: 「蟹工船」 感想 たまには日本映画のレビューもかかないと 今回観たのは「蟹工船」 小林多喜二の有名な小説を映画化した作品です。 ...
Weblog: むーびーふぁんたすてぃっく
Tracked: 2010-03-01 19:10
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。