2009年06月29日

映画『守護天使』を観た感想

★★★『守護天使』

これも面白系と思って期待したけど…。
メタボオヤジの須賀があまりにかっこ悪過ぎて、引いたぞ!
ゴミ袋のあれは、もう開き直ったとしか思えない。
ここまでキタナく作らなくても、十分楽しめるのにサ。

初めて恋しちゃった中年オヤジ。
外見が外見だけに、ストーカーにしか見えない!
それがこの映画の核となってるにしてもね。
でもでも頑張ったぞ、オヤジ!

お金に困ってあやしい出版社に行くところがスゴイ!
ダンナがよく買って来る駅売りの夕刊フジとかに、
よく「太った男性」募集の求人があるの。
前から気になってたんだよね。 どんなバイトなのか。
てっきりやせる薬とかの「使用前、使用後」写真用と思ってた。
ところが、こーんなバイトがあったんだねー。 すごおおい!
ひとつ勉強になっちゃった。

しかし、このカンニング竹山氏、なんと浮気発覚の報道が!
映画の宣伝かと思ったら、本当らしい。
こらっ! 身の程もわきまえず! って鬼嫁なら叫びそうだけど、
実生活は全く別の人なのかな?

鬼嫁の寺島しのぶがハマってた!
こんなオヤジのどこがいいのかわかんないけど、
それなりにいいとこもあったんだろうね。
これからはラブラブ…ってことはなく、相変わらず絞られそう。

チンピラ役の佐々木蔵之介はピッタリ。
本当はイケメンなのに、脇に回っても手堅く演じて、
主役のお株も奪わない。エライなあ。

與真司郎って初めて見たような気がするけど、
さわやかボーイで好感持てた。

ヤクザな新聞屋の元締めオヤジ・大杉蓮も相変わらずよかった。

女子高生役の女の子はかわいいけど、あんまり印象なし。
ま、オヤジの恋心なんて、女子高生に分かるはずないよね。

まあ、それなりに笑える映画ではあった。

【あらすじ】
(象のロケット『守護天使』より引用)
メタボ腹の薄給サラリーマン・須賀は、一目ぼれした天使のような女子高生・涼子がインターネットの裏サイトから狙われていると知り、救出に乗り出した。 幼なじみで雀荘暮らしのチンピラ・村岡や、イケメンのひきこもり・佐々木まで巻き込んで、“金なし、職なし、未来なし”の3人組が難事件に挑む?! 大不況時代のヒーロー・コメディ。 ≪勝手ながら私たちがお助けします!≫

posted by ミカ at 15:38| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

守護天使
Excerpt: 冴えないサラリーマンの中年オヤジが年甲斐もなく女子高生に一目惚れし、 彼女を襲う悪から守ろうと勝手に奮起する様を描いたラブコメディー。主演にはカンニング竹山を迎え、ヒロインを忽那汐里、共演に佐々木..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-06-30 01:46

『守護天使』勝手に”ジャパンプレミア”試写会
Excerpt: ブログパーツならブログデコ!! 『守護天使』勝手に”ジャパンプレミア”試写会に行って来ました。 ”ジャパンプレミア”とは言ったものの、登場したのはカンニング竹山だけ、、、 佐々木蔵之介は忙しくて..
Weblog: アートの片隅で
Tracked: 2009-07-04 13:09
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。