2009年05月31日

『真夏のオリオン』試写会で観た感想

★★★★ 5/28(木)@有楽町よみうりホール

潜水艦モノって初めて観た。
敵のアメリカ駆逐艦と闘うため、浮上したり沈んだりする様子が、興味深かった。

戦時中って食糧不足なのに、過酷な環境に耐えるため、
食事にはすごく恵まれてるのだ。 サイダーまであるの!

ハーモニカ吹かせたり、なかなか話のわかる倉本艦長。
すごーく若いけど、エリートだったんだね。
部下への支持の出し方も、頭がキレるーって感じ。

玉木宏が意外にもしっくり演じていた。
声がいいねー。 シビレた。
きっと歌も上手なのかと思ったの。
CD出してるし。
しかし…、歌はヘタだった。残念!

でも、ほとんどが地味な船内シーンだけど、
彼の美しい声と顔のおかげで退屈しなかった。

恋物語も堂珍(なぜこの人が?)の見せ場もよかった。
何より、船内がまとまっているのが好印象。
アメリカ軍とのラストや、楽譜の話はちょっと出来すぎだけど、
そんなに悪い感じではなかった。

戦争モノだけど、平和を願う意図も感じた。
ちょっと美化し過ぎの印象はあったかな。

今日なんて、新聞に一面の広告。
テレビでもずーっと宣伝流れっぱなし。
宣伝し過ぎてると冷めちゃうんだよね。
でも、面白かったのは事実だよ。


【あらすじ】
(象のロケット『真夏のオリオン』より引用)
いずみの祖母のサインが入った古びた楽譜がアメリカから届けられた。 差出人は祖父がアメリカ海軍駆逐艦の艦長だったという人物。 なぜ日本海軍で潜水艦長だった祖父の所持品が、敵国で64年間大切に保管されていたのか? 第二次世界大戦末期の太平洋を舞台に、戦う男たちの姿が1枚の楽譜によって現代によみがえる…。 戦争ヒューマンドラマ。

posted by ミカ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

真夏のオリオン(完成披露試写会)
Excerpt: [真夏のオリオン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年46本目(42作品)です。 完成披露試写会の招待券を知り合いから譲っても..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2009-06-09 11:13

真夏のオリオン
Excerpt: 池上司原作の『雷撃震度一九・五』を『ローレライ』や『亡国のイージス』、 『機動戦士ガンダムユニコーン』の原作者である福井晴敏が監修・脚色で 映画化。第二次世界大戦末期の太平洋上で日本海軍潜水艦と米..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-06-14 22:06

真夏オリオン(2回目)
Excerpt: [真夏のオリオン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年60本目(55作品)です。 ついに60本に到達しました。 2009年に入..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2009-06-16 13:33

[映画『真夏のオリオン』を観た]
Excerpt: ☆私は常々、「潜水艦物に外れなし」を語っていた者であり、賛否両論のある『ローレライ』も楽しんで観たものだ。  しかし、この『真夏のオリオン』は厳しかった。  その、作品で描かれた戦後左翼風潮的な戦..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
Tracked: 2009-06-16 16:46

映画:真夏のオリオン
Excerpt:  潜水艦ものの映画って好きなんですよね。だから心待ちにしていた真夏のオリオンをようやく観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2009-07-05 21:32
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。