2009年05月31日

五右衛門ロック

★★★★★ すんごい良かった。面白かった。
「GOEMON」より「五右衛門ロック」がよかった。

「劇団☆新感線」は何度も観たことあるけど、
舞台をS席で観るより、映画の方が見やすいよ。
オペラグラスもいらないし、アップで細部まで確認できる。
舞台だとよくわかんない場面が結構あるんだよね。

目の前で役者が笑わせてくれる舞台は確かに別格だけど、
これは映画として単独で成功してると思った。

お財布さえ許せば、スククリーンで観てから舞台を観ると大満足かな。
でも、普通はその逆だよね。

ロックバンドの音楽もイケてるし、音響がすごくよかった。
本当にここが舞台かと思うほど…褒めすぎか。

ストーリーはファンならお馴染みのハチャメチャで笑える奇想天外なもの。
江口洋介はどっちの五右衛門にも出てるけど、
五右衛門ロックではギターに生歌披露するし、イキイキししてて、
こっちの方が楽しかったのでは? と思っちゃった。

北大路欣也オジサマが若手の中で風格を出していた。
新感線のノリについてけないのは当然だけど、
その違和感がちょこっとカワイイ。

松雪泰子も森山未來もとてもよかった。

古田新太は、やっぱ舞台の大将。
あの雰囲気と顔、テレビじゃ画面が小さすぎるよ。
これからも舞台を中心にして欲しい。

ゲキシネこれからも観たい!


【あらすじ】
(象のロケット『≪ゲキ×シネ≫ 五右衛門ロック』より引用)
時は豊臣秀吉の世、稀代の大泥棒・石川五右衛門はお縄となり、公衆の面前で釜ゆでの刑と相成った…はずが、どっこい生きていた! 助けたのは真砂のお竜という女。 お竜と怪しい南蛮人たちに乗せられて日本を飛び出し、南の国タタラ島に眠る神秘の石≪月生石≫を求めて船出した五右衛門一家だったが…。 ロック時代劇。 「劇団☆新感線」2008年舞台公演のスクリーン上映。

posted by ミカ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120558709

この記事へのトラックバック
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。