2009年05月23日

7つの贈り物

★★★ ウィル・スミスが贖罪に生きる男を重厚に演じていた。
観ていて辛くなってしまう驚きのシーンもあった。
すごい内容だと思うけど、全く共感できなかった。
こんなことしなくても、別の方法があったはず…。

百歩譲って、彼の選択を認める場合でも、
贈り物を渡す相手を自分で選ぶということに賛成できない。
神は平等に愛を与えるのでは。
罪深き人であっても、助けなくてはならない。

そして、エミリーとの恋も、理解はできるけれど、
本来、起こるべきことではない。

突き詰めていくと、いろいろ矛盾もあるし、
何より、暗い。
後味の悪さだけが残ってしまう。
ストーリーも分かりにくかった。
友人にもいろいろ迷惑かけちゃうんじゃないの?
後始末もたいへんそうだし。

贖罪をテーマにするなら、もっと違う展開がいいな。


【あらすじ】
(象のロケット『7つの贈り物』より引用)
心に深い傷を抱える男ベンは、7人の見知らぬ他人に近づき、大きな贈り物を渡す計画を進めていた。 対象者の1人エミリーに心惹かれるが、自分の正体は決して彼女には明かせない。 彼の真の目的とは? そして贈り物の中身とは?  絶望の淵にいた2人が恋に落ち、生きる歓びを取り戻した時…。 ≪あなたなら、受け取れますか?≫ 究極のプレゼント・ミステリー。

posted by ミカ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120025243

この記事へのトラックバック

7つの贈り物
Excerpt: 『幸せのちから』のウィル・スミスとガブリエレ・ムッチーノ監督が再び 組んで、辛い過去を背負った男が見知らぬ人に人生を変えるような贈り物を するさまを描いたヒューマンドラマ。過去に起こしたある事件で..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-05-23 00:42

7つの贈り物
Excerpt: 心に深い傷を抱える男ベンは、7人の見知らぬ他人に近づき、大きな贈り物を渡す計画を進めていた。 対象者の1人エミリーに心惹かれるが、自分の正体は決して彼女には明かせない。 彼の真の目的とは? そして贈り..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2009-05-25 07:12

映画「7つの贈り物」
Excerpt: 原題:SEVEN POUNDS それを贈り物と呼ぶにはあまりに哀しい、イエス・キリストが人々の罪をあがない人類を救うために自らを十字架にかけた、かのように、贖罪はミステリアス〜 不..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-05-31 19:53
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。