2009年05月22日

釣りキチ三平

★★★ 演技派少年、須賀健太くんのイキイキした写真に惹かれて観に行った。
夏休み映画にすれば、涼しげでよかったのにね。

秋田の田舎の釣り風景に癒される。
水と緑が目にしみる。
とてもキレイな映像だったよ。

しかし、ストーリーは平凡。
怖すぎるネーチャンがかき回し役なんだろうけど、
やたら機嫌悪くって好きになれなかった。
邪魔じゃ、邪魔じゃ。

ひたすら大自然と釣りに徹した方が気持ちよかったと思う。
釣り人の人間ドラマでよいではないか。
魚がCGなのは興ざめ。
コミックが原作で、せっかくの実写なんだから、
何とか、ホンマもんを出す方法はなかったものか。
もったいないなー。 しょうがないのかしら。


【あらすじ】
(象のロケット『釣りキチ三平』より引用)
釣り名人の一平じいさんと暮らす三平は、祖父譲りの天才的な釣りの腕前を持つ明るい少年。 そんな三平に川で声をかけてきた鮎川魚紳は、アメリカで釣りのプロとして活躍するバスプロで、伝説の楽園“夜泣き谷”の巨大魚の話を聞いて秋田へやって来たのだった。 「いないだろうね。 でももしいたらって思うと、ワクワクするじゃないか」…。 釣り冒険人気コミック実写版。

posted by ミカ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119996710

この記事へのトラックバック
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。