2009年05月22日

昴 -スバル-

★★★スポ根ドラマとしては楽しめた。
ただ、バレエなんだから、バレエシーンは不可欠。
バレリーナは演技出来ないし、女優はバレエが出来ない。
これは仕方のないことなのよ、わかる。
それでも映画だから、黒木メイサを使ったのね。

彼女はとっても頑張ったと思う。
ダンスもとっても上手い。
しかし、スタイル抜群の彼女が、異常に太って見えた。
健康的すぎて、白い衣装が合わなかった。
これはお気の毒としか言いようがない。
プロのバレリーナがいかに青白くガリガリなのかが想像できる。
アタシなんかがこんなこと言うのホント申し訳ないけれど、
とても軽やかに踊ってるようには見えなかった。

映画作りは大変だね。
こんな文句言う観客がいるからねえ。
ごめんなさーい!

個人的には黒木メイサは好きなんだよ、本当だよ。

でも、美人だし、胸もあるし、ムキムキの感じが、
男性には受けるかも…?

草刈民代さんじゃ、年齢的に無理だったか。
引退して、女優になって、どんな役をやるんだろうね。
最初はダンナさんの映画に出るのかなー。
草刈さん、楽しみです。


【あらすじ】
(象のロケット『昴 -スバル-』より引用)
小学生の時、迷い込んだ場末のキャバレーで観たバレエにのめり込んでしまったすばる。 時が経ち、その舞台でレッスン代のため酔客相手に踊るすばるを、アメリカン・バレエ・シアターのリズ・パークは一目見て自分の最高のライバルと認め、外の世界へ導き出す。 プロのダンサーになる決意を固めるすばるだが…。 人気コミック実写版。 青春バレエ・ドラマ。

posted by ミカ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119994637

この記事へのトラックバック

昴 −スバル−
Excerpt: 曽田正人の同名の人気マンガの実写映画化。主演は『クローズZERO』の黒木メイサ。共演に桃井かおり、筧利夫といったベテランも出演している。原作マンガは夢中になって読んだ大好きな作品でした。実はあまり観る..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-04-16 00:39
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。