2009年05月22日

ウォーロード 男たちの誓い

★★★ 豪華キャストで楽しみに観に行ったのに、
ちょっと、拍子抜けだった。
真面目に作られた、中国らしい映画だけど、
残念ながらエンタメ系大作「レッドクリフ」に負けたね。

パン将軍とアルフの妻が不倫する理由がピンとこなかった。
全く共感できなかった。

パン将軍の行動は、結果としては要するに義兄弟を利用しただけ。
清王朝の女王も首脳も好きになれないし、
戦争に共感できなかった。
太平天国の首謀者に同情しちゃう。

アンディ・ラウ様だけは、やっぱ素敵だったわん。
ヒゲと帽子でお顔があんまり見えなかったのが残念。
こんな素敵なダンナがいたら、浮気なんてしないと思うけどな。

観た後、気分が沈んで、スカッとしない。
実話なんだかららしょうがないのか。
でも、もっとキャラを生かしてもよかったのにな。


【あらすじ】
(象のロケット『ウォーロード 男たちの誓い』より引用)
19世紀、中国清朝末期。 清王朝打倒を目指す太平天国の乱は10年以上続いており、部隊が全滅した清王朝将軍パンは、盗賊団のリーダー、アルフとウーヤンと出会い、戦乱の時代を生き抜くために朝廷側に従軍するべきだと説得する。 3人は命を賭けた“投名状”にて義兄弟の契りを結び、絶対の団結で太平軍に立ち向かってゆくが…。 歴史大河ドラマ。




posted by ミカ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ウォーロード/男たちの誓い
Excerpt: 清朝末期、太平天国の乱が起こる中国で義兄弟の契りを結んだ三人の男達の 友情と裏切りと悲劇を描いた歴史ドラマ。時は19世紀末、アヘン戦争で疲弊した清朝の圧政の下、「滅満興漢」を スローガンに太平天国..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-05-23 00:33
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。