2009年01月21日

大阪ハムレット

★★★★ マンガが原作と思えない。
とんでもないストーリーだけど、自然な展開だった。
逆に地味にまとまりすぎた感じもするくらい。

ダンナが死んだばかりの未亡人って、何もしなくたって、
気の毒にも、いろいろ低レベルの噂をされてしまうのだ。
だから、「何かあった」ら、それこそもう、世間はほっとかない。

このお母ちゃん子育てと仕事を2つもかけもちして大忙し。
ダメ亭主がせっかく死んだのに、
またまたダメオヤジと、どーしてくっついたのか?
ダメ男を引き寄せてしまうのか?

しかし、底抜けに明るくお人好しのお母ちゃんだから、
子どもたちはグレないのだ。
愛がかかってるって大事だねー。

松阪慶子ってさすが大女優。
一時期、生活感たっぷりで引いちゃったけど、
もう完全復活、絶好調だ。

岸部一徳は影が薄いけど、そういう役だからね。

子どもたちがそれぞれ面白かった。
いい子たちだ。
長男が年上彼女をあやすところが、何ともよかった。
将来、いいダンナになりそう。
二男はヤンキーっぽいけど、心はまっすぐだ。
三男は…。 これからどうなっても、大丈夫だよ。


(象のロケット『大阪ハムレット』より)
大阪の下町で暮らす久保家のお父ちゃんが急死した。 一家の大黒柱はもともと天真爛漫で働き者のお母ちゃんだったが、四十九日も済まないうちに、お父ちゃんの弟と名乗るおっちゃんが転がり込んできた! 三人の息子たちは複雑な思いを口にできないまま、それぞれの大きな悩みにぶち当たってゆく…。 パワフル・ファミリーコメディ。
 


posted by ミカ at 15:32| Comment(2) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 「大阪ハムレット」、最高ですよね!!!
Posted by くうが at 2009年01月26日 15:33
くうがさん、コメントありがとう!

本当、最高の家族ですよね。
Posted by ミカ at 2009年06月23日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【大阪ハムレット】
Excerpt: 監督:光石富士朗 出演:松坂慶子、岸部一徳、森田直幸、加藤夏希、本上まなみ 「大阪の久保家、父親の通夜にやってきたお父さんの弟が何故か一緒に暮らし始める。 お母さんの房子は昼は病院でヘルパー..
Weblog: 日々のつぶやき
Tracked: 2009-02-21 14:46

【映画】大阪ハムレット
Excerpt: ▼動機 谷村美月の大阪映画に出ていた二人 ▼感想 大阪なのに、ほんのりほのぼの映画 ▼満足度 −−−−−−− おいとき ▼あらすじ 朗らかな母親の房子(松坂慶子)と3人の息子、死んだ..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2009-05-19 19:08

松阪慶子 森田直幸 加藤夏希 / 大阪ハムレット
Excerpt: ワケもなくマッチョ・ドラゴン 毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの藤波辰己担当、ブロッケンです。 森下裕美原作の映...
Weblog: 中川ホメオパシー 
Tracked: 2010-02-09 11:15
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。