2009年01月06日

アンダーカヴァー

★★★★ よくある話とも思うけど、意外な見ごたえ。
最後まで飽きなかったよ。
エリートの兄ちゃんと、はずれもんの弟の兄弟愛。

マーク・ウォルバーグとホアキン・フェニックスって、
人種が違うよーな気がするけど、兄弟なのだ。

エリートは世襲する。
パパの敷いたレールを順調に歩むお兄ちゃん。
面白味のない役柄だけど、ルックスがいいから許せる。
かっこいいな〜。 兄ちゃんだけ見てたよ。
それに汚職にまみれない、正義の味方なのだ。

しかし、最後は小市民的豹変ぶりで、ガックシ。
まあ、それは兄ちゃんが決めること、と許す弟もエライ。

やんちゃな弟は、な、なーんと、制服組になってしまう!
何もそこまでしなくても。
それに、そんなに簡単になれちゃうの?

とアタシが説明すると、面白くない映画だと思うでしょう?
ところが、どっこい、面白かったのよ。
結構家族愛が泣かせるのだ。
世話になったボスへの思いも泣かせる。
でも、ラストで殺すのは許されるのかしらん?


(象のロケット『アンダーカヴァー』より)
ドラッグが流行し、犯罪率が急上昇していた1988年、ニューヨーク・ブルックリン。 有名なナイト・クラブ“エル・カリブ”のマネージャーとして働くボビーに、ニューヨーク市警の兄ジョゼフは店がロシアン・マフィアと通じていることを告げ、捜査への協力を求める。 すげなく拒否したボビーだが、店へのガサ入れ後、兄が襲撃され重傷を負ってしまう…。 リベンジ・アクション。
 


posted by ミカ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アンダーカヴァー
Excerpt: 1980年代のニューヨークで警官の兄とマフィアと関係あるナイトクラブの マネージャーの弟に起きる悲劇と復讐を描いた作品。警察一家に生まれたものの、道を踏み外したボビーは、母方の名字を名乗り ロシア..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-01-12 22:59

「アンダーカヴァー」親子と正義の物語
Excerpt: 「アンダーカヴァ」★★★☆ ホアキン・フェニックス 、マーク・ウォールバーグ 、エヴァ・メンデス 、ロバート・デュヴァル 出演 ジェームズ・グレイ 監督、2007年、117分、アメリカ ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-01-20 08:24

『アンダーカヴァー』を観たぞ〜!
Excerpt: 『アンダーカヴァー』を観ました1980年代のニューヨークを舞台に、かたやエリート警察官、かたやマフィアと交流のあるアウトローとして生きる兄弟の壮絶な運命を描くサスペンス・アクションです>>『アンダーカ..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2009-06-14 19:37
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。