2008年12月30日

アラトリステ

★★★★ 孤独な兵士。 強くてもエバらない。 強いから優しい。
世界史の授業を思い出すほど、この頃の歴史がよくわかったよ。

傭兵はいつも都合のいい時だけ駆り出され、
必要なくなったら哀れなもの。

派遣切りのことが思い起こされる。
世間の風は冷たい。
おエライさんは末端の気持ちなんてわかんない。

それでも誇り高く、納得のいかない仕事はしないアラトリステ。
恋人との病院での再会は泣いたけど、
男らしくて、男らしくなくもあったかな。
女を待たせちゃいけないのサ。

ヴィゴ・モーテンセン、ちょっと年だけどカッコイイ。
男の色気を感じる。
アラン・ドロンにそっくりな気がしたよ。
DVDで若い頃の姿しか知らないけど。

カッコよさだけで満足だったんだけど、
ストーリーは少し物足りない感じだった。
原作は長ーい物語なのではないかと思った。
大河ドラマを2時間にするようなもんかな。


【あらすじ】(象のロケット『アラトリステ』より)
スペイン国王フェリペ四世の傭兵アラトリステは、カピタン(隊長)と呼ばれる歴戦の剣士。 幾多の勲功を立てながら市井に暮らし、戦死した友の息子を引き取り育てている。 戦場からマドリードに帰って来た彼に、「イギリスから来た異端者ふたりを殺せ。」という奇妙な依頼が舞い込むが、そこには国家を巻き込む陰謀が隠されていた…。 愛と戦いの歴史スペクタクル。
 

posted by ミカ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111896122

この記事へのトラックバック

アラトリステ
Excerpt: 17世紀のスペインを舞台に傭兵アラトリステの活躍を描いた スペインのアルトゥーロ・ペレス=レベルテの同名小説を映画化。17世紀初頭、繁栄を謳歌していたスペインはアルマダの海戦での敗北以来、 その栄..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-01-06 00:34

★「アラトリステ」
Excerpt: 祝日前夜はナイトショウをやってくれてる「TOHOシネマズららぽーと横浜」で。 この作品・・・上映館が少ないし、そろそろ上映も終わりそう。 スペイン歴史ものはひらりん的には好きなので、 ディカプリ..
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-01-08 23:00

【映画】アラトリステ…カッコエエこの映画の記事&自家用車が修理からやっと戻ってきた件
Excerpt: 最近めっきり秋っぽくなってきました{/fallen_mov/} この食欲が増進するシーズン{/sushi/}{/oden/}{/udon/}に何故私の職場では健康診断を行うのでしょう{/face_as..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2009-10-17 07:16
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。