2008年10月05日

本棚

部屋を模様替えした。

本棚の移動は大変。
ほこりだらけになってしまった。

定期的にブック・オフに売ってるけど、
いつもあまりに安いからガックリ。

アタシの本って一部マニア受けするのが多いから、
その筋の相手になら高値で売れる本も多いのに、
そんなところへ持っていくヒマも腕力もないから、
しょうがないね。
買取マニュアル通りの値段しかつかない。

最近、神田の景気はどうだろうか。

もう、図書館にあるような本は買わないと決めて数年…。
図書館へ足を運ぶのはなかなか難しく(近所なのに)、
小説読まなくなったなあー。

電車の中でも読まなくなった。
小難しい本って、眠くなっちゃう。
軽ーく読める小説がいいんだけど。

子どもの頃は、お年玉や臨時のお小遣いで本ばっかり買ってた。
当時はネット購入なんてなかったから帰りは重かった。
その頃も図書館にはないような本買ってたなー。
マイナー指向はこのころからだった。
今だからわかる。 とても贅沢してたと思う。

本を売るたびに、アタシの過去はなくなってゆく。
本のタイトルも作者も内容も忘却の彼方へ。
ごめんね、本たち。
確実に頭は退化している。

ああ、今日は本が読みたい。
アタシは映画より本が好きだったのだよ。
アタシは映画より演劇が好きだったのだよ。
アタシは映画よりコンサートが好きだったのだよ。

なのに、どーして最近映画ばっか観てるんだろう。
本はいつでも開いては閉じられるけど、
映画館へ行ったら、目の前でストーリーが回ってゆくのさ。
お金払って、最後まで見なきゃ損だしね。
文字を追う元気はなくても、映像なら一応頭に入るのさ。

売った本は戻ってこない。
洋服もアクセサリーもいらない。
全財産は本だったのに、売ればエーン、二束三文。
もう、本に埋もれた毎日は送れないのだ。
これからは、図書館へマメに通おう。

この映画日記のように、読書日記もつけとけばよかった。
ほんの数行でも感想を書いてるこのブログは、
何より自分のためになるから、よいことじゃ。
 
今日は本たちの供養に、トコトン酒を飲もう。
さよなら、本たち。


posted by ミカ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107651733

この記事へのトラックバック
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。