2008年07月27日

帰らない日々

★★★★ 良心の呵責に耐えかねて、自首する。
良心の呵責に耐えかねて、復讐を甘んじて受ける。
良心の呵責に耐えかねて、善行を積む。
それが、「善良な」加害者のパターンと思っていた。

しかし、復讐は本人のためにならない。 復讐で人生を棒にふるなんてバカらしい。 それを加害者が感じているというのがこの作品の一歩進んだところだ。

被害者の将来のために、復讐させてはいけないと思いやる加害者。
それは理解できるけど、なら早く自首すればよかったのにね…。

ひき逃げしたら、被害者の心配するより、まず怖いというのが先なのかもしれない。
被害者やその家族のことより、まず自分や自分の家族の心配をする、それが人間。


アタシ運転下手で、よくぶつけちゃう。 逃げたくなる気持ちはよくわかるわ。

ひき逃げとは比べものにならないレベルの事件だけど、警察に一応報告しなくちゃいけないし、特に車にぶつかっちゃうと、現場検証では犯罪者扱いされるの。 警察官にもよるけどね。 

保険屋さんに請求するといつも面倒くさそうだし、修理屋さんからはいつも今混んでるから時間がかかるよって言われるの。

事故るとすごーく落ち込むのだ。 エネルギーが消耗していくのがわかる。

でも、いつもすぐ警察には報告するよ。 時間が経つとかえって面倒だと思うし、あらぬ疑いをかけられるのも嫌だから。


【あらすじ】(象のロケット『帰らない日々』より)
大学教授のイーサン一家は、最愛の息子を交通事故で失ってしまう。 妻のグレース、娘エマ、それぞれが自責の念に駆られ、哀しみのあまり家族の心が離れ離れになってゆく。 進まぬ捜査に業を煮やしたイーサンは町に一つしかない法律事務所に調査を依頼するが、担当弁護士はひき逃げ犯ドワイトその人だった…。 愛と復讐のヒューマン・サスペンス。
 


posted by ミカ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

帰らない日々
Excerpt: ひき逃げ事故によって被害者側と加害者側のそれぞれの抱える 苦しみを描いたサスペンスドラマ。大学教授のイーサンは、家族で出かけた帰りに寄ったスタンドで、 息子がひき逃げ事故にあって亡くなってしまう。 事..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2008-09-06 02:38

帰らない日々
Excerpt: 帰らない日々 (2007)今回の映画は、「帰らない日々」です。本作「帰らない日々」は、幼い息子をひき逃げされた大学教授一家と、ひき逃げ犯である弁護士を描くサスペンス・ドラマです。監督は『ホテル・ルワン..
Weblog: 映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」
Tracked: 2008-11-21 22:21
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。