2008年06月22日

山桜

★★★ 市井の人々への温かさを感じる時代劇。

東山紀之は清潔感あふれて、とても雰囲気合ってると思うけど、いつも彼の額が気になる…ってことは、サカヤキ似合わないのかな?

田中麗奈ってどうしてこんなに売れてるの? 主演作品目白押しだよねー。 この作品には雰囲気合わないと思うけど。

富司純子はさすが、ちょっとの出番でバッチリ締めました。


【あらすじ】(象のロケット『山桜』より)
江戸後期。 2度目の婚家になじめず辛い日々を送っていた野枝は、墓参りの帰り道に一本の山桜に魅せられる。 通りがかりにその枝を手折ってくれた武士は、かつての縁談相手であった。 彼は重い年貢に苦しむ農民の窮状を目にし、ある決断をする。 それは野枝の運命までも変えるものであった…。 時代劇。 原作:藤沢周平
 
posted by ミカ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【2008-145】山桜
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 風雪に耐えて咲く山桜の下 男はひたむきに正義を貫き、 女は熱い想いを胸に秘めた。 幸せへのまわり道──
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2008-06-26 23:26
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。