2008年06月17日

幻影師アイゼンハイム

★★★★★ ストーリー・登場人物・映像・衣装・音楽全てが美しく幻想的。 いやー、ひさびさに映画代のモトが取れたねって気がした。

ラストの仕掛けにはうなった。 拍手喝采!

世界史のウラ話っぽくてロマンティック。

デートにピッタシ! 女性が喜ぶ映画だよ、間違いない。 ぜひ彼女を誘って観てちょーだい。


【あらすじ】(象のロケット『幻影師アイゼンハイム』より)
19世紀末ウィーンで絶大な人気を誇る幻影師(奇術師)アイゼンハイム。 ショーを観覧に訪れた皇太子の婚約者は、かつての恋人ソフィーであった。 身分の差を超えて再燃する恋。 しかし彼女は皇太子に別れを告げた翌日に変死体で発見される。 失意のアイゼンハイムは死者の魂を蘇らせるイリュージョンを開始する…。 ファンタジック・ラブ・サスペンス。

サンディエゴ映画批評家協会特別賞・最優秀撮影賞、他
 



posted by ミカ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

幻影師アイゼンハイム
Excerpt: 日本にもヨーロッパ的な二人組のマジシャンが・・・名前だけか・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2008-07-17 19:04

幻影師アイゼンハイム
Excerpt: 主演のエドワード・ノートンと共演の3人ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェルの4人で構成されている作品。元々アメリカで僅か51館の上映からスタートし、口コミで人気が広がり最大1..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2009-01-24 01:36
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。