2010年05月24日

だいぶ元気です

なんだか、書いてるうちに元気になってきちゃった。
やっぱり、パーっと映画観に行って、おいしいもん食べて飲んで、
映画の感想を言い合って、星を見ながら歩いて帰り、最後にブログで自分勝手な文句をダラダラ書くことで完結。
これって最高だね。
平凡な生活がアタシにとっては一番大事。
こんなささやかな幸せがいつまでも続きますように。
posted by ミカ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「パーマネント野ばら」を観た感想

★★★「パーマネント野ばら」

西原理恵子原作の作品ってアタシには合わない気がする。
なんで、次から次に映画化されるのか理解できない。
今回は菅野美穂が出てるから観に行ったの。

野ばらママ(夏木マリ)の経営する「パーマネント野ばら」は、
おしゃべりオバチャン軍団が集う美容室。
みんなパンチパーマのヤンキーおばちゃん。

ママの娘のなおこが菅野美穂。
なおこの友だちもおばちゃん予備軍。
まあ、とにかくみんな男に苦労している。

アタシって、とっても幸せなのかも。
ダンナは真面目に働いてるし、
ギャンブルにのめり込まないし、
浮気しない、暴力もふるわない。
っていうか、それって結婚の最低条件でしょう。

最低条件を満たさない男を捨てるに捨てられない女たちなの。
でも、分かるよ。
サイテー男ともつきあったことあるから。
(ごめんよダンナ、過去の話ね。)

自分を愛してくれる人は、もう他に見つからないって思いこんでしまうの。
彼は今度こそ変ってくれるって、ついつい信じちゃう。
それに、彼の面倒を見てあげられるのはアタシだけって。
母親と息子の関係みたい。
そうするとますます男はダメになっちゃうの。
ホントにホントにそうなんだから。
なかなか見捨てられないんだよねー。

そういう女たちのスッタモンダが延々と描かれて、
肝心の、なおこのストーリーが横に行っちゃった。
アタシは菅野美穂を観に来たのにさ。

カシマの存在がよくわかんなかった。
江口洋介は随分とカッコつけたオジサンだなと思ったけど、
伏線、伏線は分かったけど、
だから、それで? 状態。

こんなストーリーがみんな好きなのかなー。
アタシは苦手だなー。

なーんちゃって、アタシもラストは泣いたんだけど。
ウルウルは来た。その気持ちもわかる。女の子だもん。
でもだからって納得はしないよ。
菅野美穂ちゃん、また映画出てね。

【映画『パーマネント野ばら』あらすじ】
(象のロケット『パーマネント野ばら』より引用)
海辺の町にある“パーマネント野ばら”は女たちの憩いの場。 離婚して一人娘のももを連れて出戻ったなおこと、その母まさ子が切り盛りしている、小さな美容室。 まさ子の夫は女の家に入り浸りで、なおこの友人みっちゃんは夫の浮気を、ともちゃんは夫のギャンブルを心配している。 一方なおこは、高校教師のカシマとデートを重ねていたのだが…。 切ない恋の物語。


posted by ミカ at 00:58| Comment(1) | TrackBack(20) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。