2010年02月28日

映画「恋するベーカリー」を観た感想

★★★★「恋するベーカリー」

すっごい面白かった!
大人の俳優たちが楽しんで演じている感じがした。
メリル・ストリープってすごーい。何でもできちゃう。
彼女が演じると、どんな作品も楽しめる。
年齢を重ねて、それに見合った役をちゃんと演じている。
無理して若作りしないのだ。

そう、そのシーンもこの作品中に出てくるの。
美容整形しようか悩むところ。
元ダンナが若い女に走ったから。
でも、結局は若さより大事なことが、男にも分かる時が来るのね。

元ダンナと寝るって不倫なのかな?
もともとあなたのモノでしょっていう女友達がイケてる。

ジェーンのあそこをジェイクが「我が家だ〜!」って言うのには爆笑。
女にはわかんない感覚だけど…。

あたしだったら、ジェイクとアダムのどっちを選ぶかなー。
ジェイクはちょっと気が弱過ぎて物足りないかな。

ジェーンの娘のハンサムな婚約者もいい味出してた。
自分のママがパパと不倫の状況は子どもとして実に複雑。
嬉しいやら、情けないやら、
男と女としての両親の姿は見たくないよね。

でも、全てサラリと笑っていられるストーリーで楽しめた。
最後も余韻があってよかったわん。


【映画『恋するベーカリー』あらすじ】
(象のロケット『恋するベーカリー』より引用)
サンタバーバラで大人気のベーカリー経営者ジェーンは、息子の大学卒業式出席のため訪れたニューヨークで、別れた夫ジェイクと10年ぶりに食事をすることに。 思いがけず楽しいひと時を過ごした2人は、飲み過ぎてつい羽目をはずしてしまう。 それ以来、頻繁にジェーンの元を訪れ関係修復を図るジェイク。 自分はまだ彼のことを愛しているのだろうか…? ハートフル・コメディ。

posted by ミカ at 17:54| Comment(3) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「人間失格」を観た感想

★★★「人間失格」

豪華キャストに期待して…でもちょっと心配な気もしながら観に行った。

予想通りというか何というか、ひとりひとりはいいんだけど、
全体として観ると、う〜んというものだった。

葉蔵役の生田斗真は非常に美しかったけど、
極限まで堕ちて行った青年のリアルさが全然なかった。
現代の若者だった。
台詞も浮いていた。
なんで最初からこんな難しい映画を選んだのかしらん?

とっても若すぎる気がしたけど、25歳だから妥当なところか。
彼はジャニーズ事務所だけど、
グループに入ってる歌手じゃなくて俳優なのだ。
きっと彼の志は高いに違いない。
これからうんと演技を磨いて頑張って欲しいね

葉蔵を破壊した男、堀木役の伊勢谷友介はなかなかよかった。
昭和のスーツ姿が決まっていた。
白洲次郎みたいだった。

女たちはみんな年上に見えた。
母性本能をくすぐるのね。
でも三田佳子だけは、いくらなんでもちょっと頂けない気がした。
最後のファンタジックなとこが好きじゃなかった。

女たちとのエピソードも唐突で、ストーリーが中途半端だった。


【映画『人間失格』あらすじ】
(象のロケット『人間失格』より引用)
津軽では有名な資産家で貴族院議員の父親をもつ大庭葉蔵は、幼い頃から人の顔色を窺うような子どもだった。 上京して高等学校に入った葉蔵は、同じ画塾に通う、6つ年上の青年・堀木と出会う。 遊び人の彼とつるむうちに酒に溺れ放蕩を繰り返すようになった葉蔵は、カフェの女給・常子と心中事件を起こす…。 太宰治生誕100周年記念・青春文芸作品。


posted by ミカ at 17:24| Comment(1) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

映画「インビクタス/負けざる者たち」を観た感想

★★★★★「インビクタス/負けざる者たち」

クリント・イーストウッド監督って、俳優時代をあんまり知らないけど、
こないだ、テレビで「ダーティ・ハリー」を観た。
とっても若くてハンサムだった。
今回の作品には監督は俳優としては登場しない。

「インビクタス」はアフリカのお話。
南アフリカ共和国の、そんなに昔の話でもないのに、
とっても歴史を感じさせる実話物語だった。

ネルソン・マンデラを演じているのは、
アタシの大好きなモーガン・フリーマンおじさま。
大人物ぶりをユーモアも交えながら素敵に演じている。

黒人が大統領となって、アパルトヘイトの仕返しとして、
今度は白人を排斥したって当然の状況なのに、
マンデラは平等に接する。
魂のレベルが違うのだ。

大統領だろうが、何だろうが、
やっぱり黒人は自分たちより下だと思っている白人たちがいる。
その意識が根底から覆ることはないのかも。
色が違うだけなのに。

もちろん、そう考えない白人もいる。
ラグビーチーム主将のピナールは白人だけど、
マンデラの器の大きさに魅了されてしまう。
ここでも魂が惹かれあったのだろう。

チームが強くなっていく様子は、あまりピンとこなかったけど、
唸り声を上げる試合の様子も見せ場たっぷりだった。

南アフリカ共和国の複雑さもよくわかった。
マンデラが有名すぎて、後の政治のことは知らないけど、
マンデラの志を受け継ぐ政治家が続くといいなあ。

素晴らしい作品だと思った。実話だからなおさらだ。
こんな素敵なことが、毎日、世界中で起こるといいな。

監督はきっと人を見る目が優しい人なんだろうと思う。
これまでの作品を観ていてそう思った。
長生きして、もっといっぱい作品撮って欲しい。
監督の額の汗を拭いてあげたい!

【映画『インビクタス/負けざる者たち』あらすじ】
(象のロケット『インビクタス/負けざる者たち』より引用)
1994年、黒人として初めて南アフリカ共和国大統領に就任したネルソン・マンデラは、アパルトヘイト(人種隔離政策)による人種差別や経済格差が依然として残っていることを痛感する。 スポーツを通してなら人々を団結させられるはずだと信じたマンデラは、ラグビーチームの立て直しを図る。 “不屈の精神”は国民の心を‘ひとつ’にできるのか…。 実話に基づく社会派ドラマ。


posted by ミカ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「ハンナ・モンタナ ザ・ムービー」を観た感想

★★★「ハンナ・モンタナ ザ・ムービー」

アメリカではこのシリーズが当たって大スターらしいんだけど、
主人公の女の子マイリー・サイラスって、初めて見たかも。
ハンナのときも、マイリーの時も、ダントツの可愛らしさ。

ストーリーはなんてことないTVドラマだったけど、
可愛いから許せちゃうよ。

それに、カーボーイのボーイフレンド役のルーカス・テイルが、
これまた好青年でかっこよかったワン。

もう、ティーンの夢の世界って感じのアイドル映画。
ずっと笑顔で見ていられる楽しい作品だ。

このマイリー・サイラスって、名前もそうだけど、主人公と実生活がだぶってるのも面白い。
お父さん役が実際にお父さんだから、お父さんも心配だね。

このシリーズ、TVでやってたら、アタシも毎週見ちゃうかも。

【映画『ハンナ・モンタナ ザ・ムービー』あらすじ】
(象のロケット『ハンナ・モンタナ ザ・ムービー』より引用)
加熱するばかりのハンナ・モンタナ人気。 アイドルと女子高生の“2つの世界”両方を大切にしたいと思っていたのに、少しずつ普通の感覚を失っていくマイリー。 そんな娘を心配した父ロビー・レイは、しばらくの間“ハンナ”をやめさせることを決行する。 生まれ故郷テネシーで家族と過ごすことになったマイリーだったが…。 人気青春音楽TVドラマ劇場版。







posted by ミカ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「板尾創路の脱獄王」観た感想

★★★「板尾創路の脱獄王」
全体的にみるとやっぱ★★★だと思ったんだけど、
とっても板尾創路監督が将来有望な人に思えてきちゃった。

この人、俳優としても面白いんだよね。
マイナー系の映画にも出てるし、俳優として出てる感じ。
お笑いのお仕事を逆にアタシはよく知らないくらいなんだ。

タイトルが2度出てくるのは受け狙い?
途中まではシリアスにお話が進んでいく。
時代設定も良く出来てる感じだった。

なのに、あの「歌」はなんなんだ?
その時代にはまだその歌はなかったんでないの?
一気に現実に引き戻されて逆効果なんだけど、
ただ普通の映画を作りたいんじゃないんだなってのがわかった。

國村隼があいかわらず、苦虫をかみつぶしたような顔のまま、
真面目な看守をやっていた。
この真面目さが最後まで続くのが面白い。

ラストは笑った!
この笑いの世界はすごい。
バカバカしいけど、チープなギャグで笑わせるんじゃなくて、
ちゃんと段階を踏んだユーモアのセンスを感じた。

たけし監督を越えるんじゃないかしらん。

【映画『板尾創路の脱獄王』あらすじ】
(象のロケット『板尾創路の脱獄王』より引用)
昭和初期、信州第2刑務所に移送されてきた物静かな囚人・鈴木は、1時間もたたないうちに脱獄する。 刑務所のメンツをかけた必死の捜索でようやく取り押さえたが、その後どんな刑務所、拘置所に収容されても脱獄を繰り返す鈴木。 通常ならとっくに釈放されているはずの微罪だったが、刑期は計り知れないほど膨らんでいた…。 クライム・ラビリンス。


posted by ミカ at 11:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョコレートケーキの下見

パソコン修理に出してて、ずっとネット関係とご無沙汰してました。
早く書けというメールがいっぱい来ていた!
友人たちは、アタシの映画日記より、生活日記が楽しみみたい。
アタシがちゃんと「嫁」やってるのか心配なんだとか。
ブログがちょっと中断すると夫婦崩壊という噂になっちゃうのか?
そんなに、人の夫婦生活のぞいてみたい?

ご心配なく。アタシたちアツアツだよーん。

バレンタインは一応チョコ買ってあるけど、
ケーキも買うつもりなの。
昨日デパートに下見に行ったら、ものすごい混雑。
ケーキ買って帰りたかったけど、
賞味期限は本日までですって言うからやめた。
何日も前からそんなの売ってどーすんだろ。
みんな賞味期限を聞いて買うのやめてたよ。

夕方また買いに行くから、それまで映画日記かくね。
うちのダーリンはずっと残業続きだったから、
今日は一日寝る予定なんだと。
お疲れさん。
夕食は豪華だぜ!

posted by ミカ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。