2009年08月10日

映画「縞模様のパジャマの少年」を観た感想

★★★★★「縞模様のパジャマの少年」

ホロコーストを扱った映画はものすごく多い。
誰でも共感できるテーマだけに、似たような内容であっても、
アタシは結構いつも感動してしまうのだ。
こういう映画を観ることが世界平和につながる…ってね。

この映画はディズニーだし、
ナチス側の少年とユダヤの少年の時代に翻弄される友情を描いて、
反戦、平和を子どもの目線で訴える作品なんだろうと予想していた。
そして、ラスト近くになるまで本当にアタシはそう思っていたのだ。

しかし、そんな甘いもんじゃなかった!
えっ? まさかまさか、待ってよ、うっそぉー!?
「その時」まで、ひたすら、そうじゃないことを祈っていた。

あまりに衝撃的なラストで、涙も声も出なかった。
席を立ってからも、まだ信じられない思い。
ドーンとくる思いは、家に着いてからも続いた。

これって「感動した」ということなの?
アタシは自分の感情をどう表現していいのかわからない。
とにかく「ビックリした」「衝撃を受けた」「ショック」なのだ。

ネタばれしていいなら、書きたいことが山ほどあるけれど、
これから観る方のために、この辺で止めておこう。

ナチスがひどいことをしていると分かっている人はたくさんいた。
でも、それを子どもには伝えなかった。
大人同士でも口をつぐんでいた。
洗脳されている人はその洗脳を広げていった。
結果として、知らない人は知らなかった。
見えているのに見ようとしなかったのか。
他人事だと思っていたのか。

ブルーノの目があまりに青くて怖いくらいだった。
シュムエルの表情は秀逸で、何気ない言葉にも重みがあった。

夏休み、娯楽映画ももちろんいいけれど、
この映画だけはぜひぜひ観るべきだ。
とにかくすごい。

ディズニーいったいどうしちゃったの?
子ども相手に商売して儲けてるだけじゃなかったのね。
儲けたからこそ、社会に還元?
映画会社としての社会的責務をりっぱに果たしてるよ。
もう、ベタ褒めなのだ!

【あらすじ】
(象のロケット『縞模様のパジャマの少年』より引用)
第二次世界大戦下のドイツ。 8歳のブルーノはナチス将校の父の昇進により田舎町に引っ越す。 遠くに見える“農場”(ユダヤ人収容所)には、昼間でも“縞模様のパジャマ”を着ている大勢の人がいたが、そこへ近づくことは両親から固く禁じられた。 ブルーノは、“農場”まで探検に出かけ、金網越しにシュムエルという同い年のユダヤ人少年と友達になるが…。 反戦ヒューマンドラマ。




posted by ミカ at 23:52| Comment(2) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。