2009年06月21日

『劔岳 点の記』を観た感想

★★★★『劔岳 点の記』

かなり高齢の撮影監督が初めて監督として撮った作品で、
監督が絵(写真)にこだわったために、
スタッフや俳優は大変だったってテレビでかなり宣伝してた。

それだけに、本当にキレイだったよ。
寒くて大変なところへ実際に行く。CGじゃないのだ。
これって、観てて非常に満足できるんだよね。

そりゃー、演技するのが俳優の基本。
寒くなくても「寒い」ように見せるのがお仕事だ。

しかし、寒いところに実際行って、それがすごーく大変で、
演技なんか2の次になったって、別にいいのだ。
「行くこと」って重要だよ。

ただ、それだけに人がいなくても満足できたかもってのはあるね。
この映像を見るだけでストーリーなんかどうでもよくなっちゃう。

いやいや、ストーリーもよかったよ。
すぐ仕事を放り出しちゃう今と違って、
上司の命令には逆らえない時代。
山なんか行きたくもないだろうに、命がけで仕事する男たち。
地図を作るって大変なことだったんだ。

浅野忠信が実直な測量員を演じていた。
宮崎あおいは奥さんとしてはちょっと似合わなかったけど、
こういう人も混ぜないといけない意味もよくわかってきた。

この映画ヒットするのかしらん。
志が高く、素晴らしいけど、真面目すぎて受けないかも。
でも、私は強く応援したい。
雪山とキレイな空に感動しちゃったんだもの。


【あらすじ】
(象のロケット『劔岳 点の記』より引用)
明治39年、陸軍は国防のため日本地図の完成を急いでおり、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手・柴崎芳太郎に、劔岳の初登頂と測量を命じる。 かつて多くの優秀な測量部員たちが挑戦し果たせなかった劔岳は、立山信仰の霊場としても知られる、あまりにも険しい山だった…。 実話にもとづく、日本地図最後の空白地点を目指した男たちの記録。 ≪誰かが行かねば、道はできない。≫




posted by ミカ at 03:05| Comment(9) | TrackBack(11) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『トランスフォーマー:リベンジ』観た感想

★★★★★『トランスフォーマー:リベンジ』

前回の1作目は途中からどんどんお子チャマ向けになっちゃって、
「えっ、これって子ども用だったの?」って、
思わず周りを見渡したくなっちゃったんだけど…。

1作目に比べて今回は、かなり成長したよ。
だいぶ大人の鑑賞にも堪える第2作になったと思う。

サムも女に誘惑されるトシになった。
その女がターミネーターもどきで笑っちゃった!

ピラミッドが出てくるシーンはハムナプトラ?

ストーリーはやっぱりたいしたことないんだけど、
ワクワク感が前作よりグッと上がったね。
予算も上がったのかも。

アタシはバンブルビーとオプティマスと、
敵ながらミカエラのいいなりになっちゃう、
「ウォーリー」そっくりの小型ロボットが気に入った。
アタシもこいつをひっぱたいて子分にしたい。

サムのママみたいなタイプって日本にいっぱいいそう。
パパとママはいいスパイス役だね。

ルックス的にはジョシュ・デュアメルが一番かっこよかった!

次回作楽しみだなー。


【あらすじ】
(象のロケット『トランスフォーマー:リベンジ』より引用)
サムは、メガトロンを倒した際の“キューブ”のかけらに触れた瞬間、脳に“ある情報”が刷り込まれてしまう。 一方、兵士らと協力しディセプティコンと戦ってきたオートボットらを米政府は不要だと結論付ける。 彼らが地球を去ればディセプティコンも地球にとどまる理由が無くなると考えたからだ。 人類の滅亡につながる恐るべき計画が進んでいることを知らずに…。 SFアクション・スペクタクル第2弾。
posted by ミカ at 02:34| Comment(0) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。