2009年05月21日

余命1ヶ月の花嫁

★★★ この映画の原作となったドキュメンタリーをTVで観たの。
本当に亡くなった本人が出てるからショッキングだった。
観ていて辛くなった。

いろいろネットで悪いこと言われるみたいだけど、
本人はもう死んでしまったの。
こういう作品が出来たってことは素晴らしいこと。
それだけで彼女の生きた甲斐があるってこと。

彼女はもういないけど、作品は永遠に残るんだよ。
普通の人が、こんなに人に役立つことができるかしら。
彼女のおかげで、若年性乳がん検診の必要性もアピールできたのよ。
自己満足だけでは、映画にはならなかった。
事実と相当違っててもそれは構わないと思う。
周りの人の思惑とかそんなのどうだっていいと思う。

ただ、映画の評価としたら、やっぱり出来はイマイチかも。
話が見えてるし、延々と恋愛と闘病が描かれる。
それだけを描くんだから、間が持たない。 長い。
これは仕方のないこと。
事実なんだからどうしようもない。

そして、どうしても泣いてしまう。
もう、行き着くところはそれだけなのだ。

これは、純粋にドキュメンタリーとして、
TVをもとに、リメイクすべきだったかも。

若年性乳がんのアピール作品として、
病気の怖さや、検診の必要性、病院の紹介とか、
その他の婦人科系の病気を含め、役立つ情報を盛り込んで、
全国の高校で上映するとかしたらよかった。

今回の作品だと、啓蒙活動的にはイマイチかもしれない。
ちょっと、中途半端になってしまったのが惜しい。

ところで気になったのが瑛太。
死んでしまう榮倉奈々よりも色が白くて、
彼の健康状態が非常に気になった。
忙しいから、疲れているのかしらん。

忙しいのに、彼がこの作品によく出演したなあと感心した。
それだけで、彼がいい人に思えてきちゃった。


【あらすじ】
(象のロケット『余命1ヶ月の花嫁』より引用)
若年性乳がんと診断されていたイベントコンパニオンの千恵は、悩みながらも仕事先の展示会場で知り合った太郎と交際をスタートする。 数ヵ月後、手術が迫り別れを告げた千恵を追い、「一緒に頑張ろう。」と伝える太郎。 千恵は負けないで頑張ると誓うのだが…。 若き愛といのちの物語。 ≪明日が来ることは、奇跡です。≫

posted by ミカ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腐女子彼女。

★★★ 眼がハートになりそうな、甘〜い映画だった。
ラストなんて、もうこっちが恥ずかしくなっちゃうくらいなの!

自分の思い通りにカレシを育てるっていいね。
オジサンにいくら尽くされてもオッチャンはオッチャン。
やっぱ、美形の年下でざんす。

ヒナタは本当にイイヤツ。
これくらいマメなカレって理想。
でも、ヒナタの友人のイケメンもカッコよかった!
ヨリコさん、これからも幸せでね。

アタシの友人で腐女子がいるのよ。
彼女は中学時代から「その筋」の雑誌を買ってた。
マンガと小説が入り混じってるの。
アタシもずいぶん読ませてもらった。

お嫁に行くときも、段ボール箱に詰めて持ってったんだと。
ダンナの留守中に読むのが楽しみなんだとか。
別にダンナにカミングアウトしたっていいと思うんだけどね。
ちなみに、彼女のダンナは「執事」とは程遠いマッチョ系なの。

美形の男子同士のセックスシーンはエロい。
セックスなくても、淡い恋でも美しい。
いーんだよねー。
自分はその世界に入れないんだけど、
傍観者でいるだけでシアワセなの。
宝塚ファンと似てるね。

AV見てる野蛮な男性オタクとは志が違うのじゃ。
アタシたち永遠の乙女なんだから!


【あらすじ】
(象のロケット『腐女子彼女。』より引用)
「ヨリコさん、僕と付き合ってくれませんか」 「私『オタク』っていうか、『腐女子』なんだけど、それでもいい?」 「何であろうが、ヨリコさんが好きです!」 その時、大学生・ヒナタは『腐女子』の意味を知らなかった。 バイト先の美人OL・ヨリコさんは2歳年上。 その日から、ヨリコさん専属“執事”としての、ヒナタへの腐女子流スパルタ教育が始まった…。 スィート・ラブコメディ。

posted by ミカ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ再開

事情があって、長らくお休みしていました。

気長に待って下さった方、ありがとう。
お見捨てになった方、よかったら、またどうぞ。
ジャンジャン書きますので、これからもヨロシク。

しかし、この世界シビアだね。
ちょっと怠ると、すごいことになっちゃう。
がんばりまーす!
posted by ミカ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。