2008年10月19日

マルタのやさしい刺繍

★★★★★ 女は強い。特に後家は強い。
亭主が死んでしばらくは茫然自失。
散々苦労させられて、生前は悪口ばかり言ってたのに、
死んだら、「あんないい人いなかった!」と嘆き悲しむ。
そして、そして、…ある日突然元気になるのだ。

マルタのご主人はそんな人じゃない。
たぶんご主人は生前から「いい人」で、優しかったんだと思う。
生きる希望をなくした彼女が、部屋でボーっとしてるのは、
認知症じゃないかと思うほどだ。

しかし、ランジェリーショップを計画しはじめてから、
彼女は生まれ変わる。
ご主人のためじゃなくて、自分のために生きることをはじめたのだ。

スイスのちいさな街がどんなに保守的か想像できないけど、
改革をはじめたおばあちゃんたちに比べて、
息子世代の保守的なこと!
ムラ社会だねぇ。
どいつもこいつも、ヤーな野郎だよ。

田舎ののどかさも盛り込まれてるし、
コーラス隊もよかった。

知ってる俳優や、美男美女も出てない。
でも、地味な作品ではない。
観終わった後がとてもいい感じだった。
元気出して頑張らなきゃと思った。

積極的に活動し始めたおばあちゃんたちが、
イキイキしてきて、どんどん若返っていく。
エライなーと感動した。
アタシもイキイキおばあちゃんを目指すゾウ!


【あらすじ】(象のロケット『マルタのやさしい刺繍』より)
スイスの小さな村に住む80歳のマルタは最愛の夫に先立たれ生きる気力をなくしていたが、ある日若かりし頃の夢を思い出す。 それは自分でデザインをして刺繍をしたランジェリーの店を開くこと。 しかし保守的な村ではハレンチだと大騒ぎに! それでも3人の友だちと夢を実現するために動き出す…。 遅咲きの乙女たちが贈る、ハートウォーミングストーリー。
 
posted by ミカ at 23:52| Comment(1) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕らのミライへ逆回転

★★★★★ 笑った! 笑った! リメイク最高!
これぞ、地元に愛されるビデオ屋さん。

ストーリーもちゃんと把握してないような作品を、
見せ場だけでつないでいく、いいかげんなリメイク。
客だってそんな覚えちゃいなんだから何でもOK。
そんなつもりじゃなかったのに、面白パロディになっちゃった。

マイクとジェリーが実にいいコンビだった。
こんなパロディ専門のレンタルDVD屋さん、あったらいいな。

最初やたら伝説の店だと強調してたけど、
この店主があやしいオジサンだった。

バカバカしいけど、ガハハに笑えて、
最後はちょっとホロッとしちゃう。
街のみんなで頑張ったぞー! ってのが伝わってきた。


【あらすじ】(象のロケット『僕らのミライへ逆回転』より)
伝説のジャズマンの生家と言われるが、VHSだけしか置いていないおんぼろレンタルビデオ店は取り壊しの危機。 そんな時期に、発電所で電磁波を浴びた常連ジェリーのせいで、店内のビデオ全部の中身が消去されてしまった! 店員マイクとジェリーは手作りのリメイク映画を撮り急場をしのぐが、これが思わぬ大人気に…。 超アナログ的映画製作コメディ。
 
posted by ミカ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フレフレ少女

★★★★ 新垣結衣ちゃん、かわいーい!
ラストでは、手に汗握って、ホント一緒に応援しちゃった。

どうしたって彼女に硬派の迫力はないんだけど、もともと文学少女タイプのカヨワイ女子高生だったんだから、いくら頑張っても、そうすぐにバンカラ団長になれるはずもない。 許してあげようよ。

応援団OBが出てきて、とても引き締まったと思う。
あのオジサンたちこそ、ほんまもんの硬派なんだねー。

だけどアタシ、ほんまもんの応援団って見たことないんだ。
あんなの間近で見てみたいなー。
各校の応援団の怖ーいお兄さん方がステキだったわん!

アタシも野球の試合の応援行ったことある。
やはり、応援のチカラって大きいと思う。
選手と応援が一緒に頑張ってるの。
オリンピックの開催国が強いのも当然だね。

新垣結衣ってもう20歳ぐらいかな。
でも、すごく一生懸命頑張って違和感なかった。
とっても好感がもてた。
ストーリーはというと、正直大したことなかったけど、
軽ーく楽しめる。 アタシはそれでいいの。


【あらすじ】(象のロケット『フレフレ少女』より)
暴投した一球で気を失った、夢見る文学少女・桃子を介抱してくれたのは野球部のエース大嶋。 彼に恋してしまった桃子は、彼をずっと見守り続けたい! との思いから、廃部寸前の応援部に入部し、なんと団長に指名されてしまう! 寄せ集めの情けない団員たちの前に、ある日、伝説の応援団OBが現れて…。 キュートで硬派な青春ドラマ。
 
posted by ミカ at 12:01| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。