2008年07月14日

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌

★★★ ゲゲゲの鬼太郎の原作アニメはよく知らないけど、音楽はオドロオドロしくて好き!

目玉のパパが、ハーブ湯に入ってるとこがカワイ〜。
猫娘だけファッショナブルで浮いてた。 でも唸ってるとこが、とてもネコっぽくてよかったよ。
大泉洋はそのままでネズミ男だった。
あまりに個性的なメンバーが揃ってるんで、北乃きいが目立たなかった。

妖怪レギュラーはいつも通りワイワイやってて、寺島しのぶと緒形拳が出てやっと映画が始まるよって感じ。
もっと早く出番があればよかったのに。
ぬらりひょんの存在はあんまし理解できなかったけどね。

でも、夏休み映画としては、アニメばっかより、こんなのが毎年あってもいい。 内容も健全だし、よい子の映画。
次回は鬼太郎をもっともっと魅力的に描いて欲しいな。


【あらすじ】(象のロケット『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』より)
小雨の降る夜「かごめ歌」を聞いてしまった若い女性が失踪する怪事件が続発。 その事件に巻き込まれた女子高生・楓と共に、謎の解明に乗り出した鬼太郎たちは、千年の時を経て蘇った悪霊の呪いが原因であることを知る。 一行は呪いを封印するために旅立つが、事件の裏には悲しい真実があった…。 実写版ファンタジー・アクション第2弾。
 


posted by ミカ at 14:26| Comment(0) | TrackBack(11) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クライマーズ・ハイ

★★★★ 新聞社の内部関係だけで、十分映画になりそう。

主人公がハズレ記者だってのがよくわからなかった。 だってこの新聞社のみんなが頑固モン、変わりモンに見えたよ。

社長との訳ありの関係も理解できないまま終わった。

被害者側についてあまり触れられてなかったけれど、それを描くと別の映画になっちゃうだろうから、これについて不満はない。

主人公の親子関係や、山登りはなくてもよかったような気がする。

女も一人いたけど、やはり男の戦いって感じ。 長い映画だった。


ところで、飛行機が怖い人って周りに多い。 他に適当な交通手段がない場合もあるし、アタシはいつかは落ちると覚悟しているの。
墜落事故ニュースの後や台風の季節は、身辺整理をしてから飛行機に乗ってる。
夏休みも近いし、お掃除しなくちゃ。
でも事故は嫌よ。 飛行機事故がなくなることを祈っています。


【あらすじ】(象のロケット『クライマーズ・ハイ』より)
1985年8月12日。 群馬県御巣鷹山にJAL123便墜落。 死者520名。 世界最大で最悪の単独航空機事故発生。 地元紙の航空機事故全権デスクを任されたのは、組織から一線を画した遊軍記者だった。 モラルとは? 真実とは? 新聞は命の重さを問えるのか? 信念を通そうと必死にもがく、新聞記者たちの濃密な日々の記録。 実話にもとづくヒューマンドラマ。
 
posted by ミカ at 13:58| Comment(0) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕の彼女はサイボーグ

★★★ 綾瀬はるかが本当にサイボーグみたい。 この映画頑張ったんだなーと拍手したくなった。 エライエライ!

それに、女のアタシでも一目惚れするほどカッワイー! スタイル抜群でうらやまし〜。

対してジローは頼りないボクちゃん。 顔も並みだし、どこがいーの? 普通惚れないだろう。 ま、男はどうでもいいか。

ストーリーはちょっと変…って感じで、あれっ? フーン、ほぉーっと、ウソ臭く進んでいくのだ。

結局守りたかったのは自分だったのかねぇ。 本当の愛って何?


【あらすじ】(象のロケット『僕の彼女はサイボーグ』より)
21歳の誕生日。 ジローの前に突然現れたのは、1年前に一目惚れした女性と全く同じ姿をしたサイボーグだった。 奇妙で予測不可能な共同生活。 一体“彼女”は、どこから、何のためにやってきたのか…。 彼女に確実に恋をし始めたジロー。 彼女の涙、微笑み、勇気は、愛なのか、それともプログラムなのか? ピュアで切ないSFラブストーリー。
 

posted by ミカ at 13:03| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。