2008年06月29日

ミラクル7号

★★★ ティーは、無学でも正義感あふれる立派な父親。 コメディなのになーんか教育的なんだよね。 監督兼父親役のチャウ・シンチーはイケメンなのに、こんなに正しく道徳的でよいのか??? もっと乱れなくっちゃ!

でもビンボーな父親役を、ちゃんとカッコ良くなく演じていたね。

ディッキーは男の子だけど、実は女の子が演じてたの。 ホントに男の子って感じ。 笑顔がとってもかわいいのだ。

ミラクル7号が頑張る様子は笑えるけど、ぬいぐるみみたい。

それなりに面白いけど、笑いがやっぱお子ちゃま向きかな。

優しい美人先生役のキティ・チャン(これって本名?キティちゃん)のチャイナドレスのスリットから目が離せなかったワン。

今度ダンナが出張の時、チャイナドレス買ってきてもらお。
でもケチだから、安物でダサーいの買いそうだな。
やっぱ、やーめた。 自分で買おっと。 


【あらすじ】(象のロケット『ミラクル7号』より)
ディッキーは超ビンボーなのに、工事現場で働く父親ティーの教育方針から名門小学校に通っている。 いつものようにゴミ捨て場でディッキーの履く靴を探していたティーは、緑色の物体をオモチャ代わりに持ち帰る。 それは予想以上に「使えねー」地球外生命体=ミラクル7号だった…。 SFコメディ。
posted by ミカ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花より男子 ファイナル

★★ まだダンナと映画楽しめない気分だったので、今日は高校生の従妹を連れて行ってきたよ。

テレビ版結構見てて、こないだの再放送も見てたの。
結構面白いと思ってたんだけど…劇場版は微妙だね。

プロポーズその後って、そりゃあ知りたいけどさ。
あまりに若すぎてヘンな感じだよ。
早く結婚する人って、普通もっと大人びてるでしょう?

井上真央は可愛くてとっても好感もてるけど、
松本潤の御曹司ぶりには前から違和感があったのだ。
一番しっくり来てたのは松田翔太だね。

ゴージャスな旅も、彼らがゴージャスじゃないから・・・うーん。

加賀まりこ、北大路欣也、藤木直人って脇の豪華さが目についちゃう。 EXILEのAKIRAは実によかった。

でも従妹が行く前はワクワクって感じで、見た後もとーても感激してたから、これはジャリの映画だと納得したのサ。
そーか喜んでくれたかと、アタシもうれしかったし、それならそれでよいのかもね。


【あらすじ】(象のロケット『花より男子 ファイナル』より)
“つくし”は結納の席で、かつては交際を反対していた司の母から、道明寺家へ嫁ぐ者に代々受け継がれてきた、ティアラ“ビーナスの微笑”を婚約の証として贈られる。 しかしその夜、突然ティアラが奪い去られてしまう。 犯人の目的は推定100億円とも言われるティアラ? それとも結婚の阻止? 世界中を駆け巡る奪回作戦! 豪華絢爛ラブストーリー・アドベンチャー。
 


posted by ミカ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。