2008年06月08日

美しすぎる母

★★ 不倫・ゲイ・近親相姦・・・何でもありのスゴすぎる乱れた肉体関係!!! 美しすぎる近親相姦図をワクワク期待してたんだよ。

彼らが転々とするあちこちのリゾート地の風景は美しく、美人ママと、美形息子と、絵になる素材ばかり。 

全体映像は美しくないとは言わないけど、近親相姦シーンはそんなに美しくなかった。 

殺人事件に発展する動機も何だかよくわからなかった。


【あらすじ】(象のロケット『美しすぎる母』より)
貧しい家庭で育った美しいバーバラ。 大富豪ベーグランド家のブルックスと結婚するが、数年後に捨てられる。 ニューヨーク・パリ、カダケス、マジョルカ島、ロンドン…、さまよい続ける彼女は、息子トニーへ偏った愛情を示していく。 実際に起こった殺人事件に基づく、スキャンダル・サスペンス。
 
posted by ミカ at 13:41| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シークレットサンシャイン

★★★★★ 夫と息子を亡くしただけでも大変な人生なのに、その後の展開がとーっても複雑で、映画鑑賞って精神的パワーが必要だなと思っちゃった。 ドーンと来る作品だった。 暗くて重たいけどいい映画だと思う。

シネがどんなひどい状態のときでも、明るく励ます不器用男・ジョンチャンは男だぜ! 惚れるね。 私ならきっと虐待しちゃうけど。


【あらすじ】(象のロケット『シークレットサンシャイン』より)
幼い息子ジュンを連れ、ソウルから死んだ夫の故郷・密陽へ引っ越して再出発しようとしていたシネだが、車が故障し立ち往生。 レッカー車を運転してきたのは地元で自動車修理工場を営むジョンチャン。 彼はあれこれシネの世話を焼くが、全く相手にされない。 そんなある日、ジュンが誘拐され殺される…。 二転三転する、エモーショナルなヒューマンドラマ。
 
posted by ミカ at 01:09| Comment(2) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

築地魚河岸三代目

★★★ ちょっと古風だけど、こーゆー義理人情の世界って大好き! 本当に魚河岸ってこんな感じなのかしらん。 築地市場へ異業種から飛び込んだ主人公を思わず応援したくなったよ。

過去に自分がリストラした元上司の奥さんが余命短いと知り、彼女の好きな「魚の煮付け」を届けるシーンが泣かせる。 作るの難しいの知ってるから、本当に食べたくなっちゃった。 ホント美味しいと思うよ。


「魚の煮付けはそんなにおいしいのか? 難しいのか?」ってダンナが言うの。 「そーだよ、なかなか作れないんだよ。 煮崩れず、生臭くない、旨い煮つけって難しいのよ。」 「食べたいなー。 今度作ってよ。」 「今度ね。」 ごめん、ミカ魚さばけないの。 ママに習おうかな。 ダンナのママはすごーい料理上手なの。 こないだもコロッケとポテトサラダを習ったの。 でもその後ウチで登場したのは買ったコロッケとレタスをちぎっただけのサラダ。 だって揚げ物こわいんだもーん。


【あらすじ】(象のロケット『築地魚河岸三代目』より)
商社のエリートサラリーマン・赤木旬太郎。 ひょんなことから恋人・明日香の実家、築地魚河岸の仲卸「魚辰」を手伝うことに。 ド素人が相手にされるはずもない築地市場。 頼りは天性の舌だけ。 悪戦苦闘の日々が始まる…。 本音で仕事する粋な職人たちの、爽やかな魚河岸人情ドラマ。

posted by ミカ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。