2008年06月17日

フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石

★★★どうしようもない男だが、お人好しで憎めないフィン。 しっかり者のテスが彼を捨てきれないのは、彼が彼女を愛する気持ちが真っすぐ伝わってくるから。

『あなたを愛してるけど、そばにはいられない。 なのに離れることもできない。』 オモロイ夫婦ってこんなもんですね。

せっかくの海洋アドベンチャーなのに、あまり海のロマンが感じられない。 大富豪と娘の微妙な心理描写だけは妙に心に残ったけど。 B級と割り切らず、A級として楽しめる要素があるのに残念。 


【あらすじ】(象のロケット『フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石』より)
1715年、カリブ海に沈んだという莫大な財宝の発見に夢中なトレジャーハンターのフィンは、ついに妻テスに愛想を尽かされる。 しかし離婚当日、彼はようやく手がかりをつかんだのだ! テスの働く豪華客船の所有者にまんまと取り入る一文無しのフィン。 だが、お宝探しをしていたのは彼だけではなかった…。 ロマンティック・コメディ・アドベンチャー。
 


posted by ミカ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神様のパズル

★★★物理の小難しい専門用語がア〜レ〜って感じだけど、わかんなくてもストーリーにはついてけるから、テキトーに流しとけばいいよ。

映画オリジナルの主人公は、寿司屋でバイトするロッカーだから、観客と彼は同じレベルで宇宙を理解できるようになってるの。

天才少女の悲しみが伝わってくるけど、最後まで突っ走って欲しかったな。 そしたらすごいことじゃないの!

ウチのダンナに「ご感想は?」と聞くと、いつもジャージ姿の谷村美月のナマ足に、目がクギ付けだったと言ってた。 足フェチ、コラっ!


【あらすじ】(象のロケット『神様のパズル』より)
双子の弟から海外旅行中の代返を頼まれた基一は、教授から不登校の天才女子学生・沙羅華(サラカ)をゼミに参加させるよう指示される。 冗談まじりに言った「宇宙の作り方」というテーマに意外にも乗ってきた沙羅華。 ゼミ全員で壮大なテーマに取り組み、理論上は何だかちょっとイケそう。 本当に「オレらに、宇宙つくれんの?」…。 サイエンスファンタジー・ラブコメディ。
 

posted by ミカ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

砂時計

★★昼ドラ「愛の劇場」の「砂時計」見てたよ〜。 すごーく良かったの。 TV版は★★★★★だった。 小学生、中学・高校、20代と3人も主役が代わり、それぞれ好演してた。

それが頭にあっただけに、この映画はあまりに大事なところを省いちゃっててガッカリ。 展開が唐突で納得がいかなかった。

大悟だけはTV版より映画版の方がピッタリと思ったけど。 まあ、どれも原作にはかなわないね。 比べるのが間違いだ。 失礼しました!

【あらすじ】(象のロケット『砂時計』より)
両親の離婚のため、母と島根の祖母の家にやって来た14歳の杏。 近所の大悟、藤、藤の妹・椎香らと仲良くなった矢先、母が自殺する。 大悟は杏に「ずーっと一緒におっちゃるけん」と約束するが、やがて杏は東京の父と暮らすことになり、初恋は思わぬ方向へ…。 素直で切ないラブ・ストーリー。

主題歌:いきものがかり『帰りたくなったよ』
posted by ミカ at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イースタン・プロミス

★★★★★ ニコライの顔は厳しすぎるし、最初は全然カッコイイとは思わなかったんだけど、ストーリーに惹きこまれていくうちに、冷たい表情がとーっても素敵に見えてきた。

テーマも新鮮で、暴力団系映画は嫌いな私でも、味わい深い作品だと思った。

タトゥーはロシアでは履歴書のようなもの。 犯した罪、服役期間、性的嗜好、組織でのランク・・・その他何でもわかっちゃうんだって。 

ニコライの全身タトゥーは怖いけど超セクシー。 ふふふ、彼の裸のすごーい格闘シーンまであるのよん。


【あらすじ】(象のロケット『イースタン・プロミス』より)
助産師・アンナは身元不明の少女が出産後死亡したため、日記を手がかりに身元を捜す。 少女はロシアン・マフィア“法の泥棒”の売春婦であった。 深入りしたアンナをいつも助けてくれるのは“法の泥棒”の運転手・ニコライ。 日記の真相は? アンナとニコライの運命は? ロンドンの裏の顔を暴く、社会派サスペンス。 R-18

アカデミー賞主演男優賞ノミネート、トロント国際映画祭観客賞、他
 

posted by ミカ at 01:21| Comment(2) | TrackBack(11) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幻影師アイゼンハイム

★★★★★ ストーリー・登場人物・映像・衣装・音楽全てが美しく幻想的。 いやー、ひさびさに映画代のモトが取れたねって気がした。

ラストの仕掛けにはうなった。 拍手喝采!

世界史のウラ話っぽくてロマンティック。

デートにピッタシ! 女性が喜ぶ映画だよ、間違いない。 ぜひ彼女を誘って観てちょーだい。


【あらすじ】(象のロケット『幻影師アイゼンハイム』より)
19世紀末ウィーンで絶大な人気を誇る幻影師(奇術師)アイゼンハイム。 ショーを観覧に訪れた皇太子の婚約者は、かつての恋人ソフィーであった。 身分の差を超えて再燃する恋。 しかし彼女は皇太子に別れを告げた翌日に変死体で発見される。 失意のアイゼンハイムは死者の魂を蘇らせるイリュージョンを開始する…。 ファンタジック・ラブ・サスペンス。

サンディエゴ映画批評家協会特別賞・最優秀撮影賞、他
 

posted by ミカ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mr.ブルックス〜完璧なる殺人鬼〜

★★★★ブルックスはさまざまな依存症患者が集う自助グループにまで入っており、立ち直ろうともがき苦しんでいる。

最も恐ろしい中毒症…それは殺人依存症。 映画の猟奇殺人犯って、ただもうグロテスクな殺人バカって感じだけど、このブルックスは違うの。 マイホームパパで頭がよくてお金持ち。

何の不足があって人殺すの〜って、病気なんだよ、殺人依存症。 病気を憎んで人を憎まず・・・って訳にはいかないけどね。 怖くて悲しいお話。  


【あらすじ】(象のロケット『Mr.ブルックス〜完璧なる殺人鬼〜』より)
大物実業家でよき家庭人でもあるアール・ブルックスのもう一つの顔は、残忍な連続殺人犯「指紋の殺人鬼」。 ある青年に犯行現場を撮影されたことから、完璧だった二重生活が綻び始める。 果たして彼は完全犯罪を全うすることができるのか? 殺人者の良心を掘り下げた繊細なヒューマン・サイコ・スリラー。
 

posted by ミカ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山のあなた 徳市の恋

★★★★ ストーリー的にはあまり動きはないんだけど、昔風の雰囲気がすごーくステキな映画でした。

モデルとはいえマイコはすごい。 逆にすごいモデルってことなのかしら。 スタイルだけでは昭和初期の着物を、あんなに粋に着こなせない。 似合うってだけで大したもの。 彼女は表情・発声が、素晴らしく昔の日本映画風。 いつまでもそのままでいて欲しいなー。 無理だろうけど。

草なぎ剛は自分のカッコよさをあっさりと捨て去れるところが、キムタクと違うところかな。


【あらすじ】(象のロケット『山のあなた 徳市の恋』より)
夏場は仲間と山の温泉場で稼ぐ、目の不自由な按摩・徳市。 ひいき客・美千穂に淡い恋心を覚えるが、彼女は宿泊客の真太郎と親密になってゆく。 同じ頃、温泉場で盗難騒ぎが続き、徳市は美千穂に疑いを持つ。 犯人は彼女か? 恋の行方は? ほんのり切ないラブストーリー。
 
posted by ミカ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフタースクール

★★★ この作品はストーリーに仕掛けが多くて、マニアックな感じがしたよ。 こういうの好きな人がいるんだろうな。 アタシはあんまし好みじゃないけど。 

3人の男たちがそれぞれ魅力的で演技も同じくらい高レベル。 大泉洋っていつも同じよーなキャラに見えちゃうけど、実はちゃんと演技してるんだ。 佐々木蔵之介はどんな役でもこなすって感じで今後が楽しみ。 堺雅人はいつも泣きそうな顔してる。 ハンサムなのにね。どーしてなのって、いつか本人に質問してみたいと思ってるんだ。


【あらすじ】(象のロケット『アフタースクール』より)
母校の中学校に勤める教師・神野のもとに、かつての同級生と名乗る、怪しい探偵が訪ねてくる。 神野の親友で、同じく同級生の木村を探していると言う。 心ならずも巻き込まれた神野。 一流企業のサラリーマン・木村の知らなかった一面が次々と明らかになるが・・・。 サスペンス・コメディ。

主題歌:momobright『あの透明感と少年』
 
posted by ミカ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

噂のアゲメンに恋をした!

★★★★ モテモテのアゲメン。 笑えるけど、ありゃりゃのすごいセックスシーンだね。

彼女と寝たら、自分以外の運命の男が現れてしまう! だから、やっと本気で愛せる女性にめぐり合ったのに、キャムの熱い誘いを、必死でかわすチャーリー。 “呪い” を解くために爆笑の悪戦苦闘! 

グレープフルーツと“やる” チャーリーの友人の医者役・ダン・フォグラー、キャムの弟役・ロニー・ロス。ふたりともメチャメチャ面白い。 顔だけで笑える。 ジェシカ・アルバはキュートで最高。 CGを駆使したペンギルームも楽しいよ。


【あらすじ】(象のロケット『噂のアゲメンに恋をした!』より)
歯科医チャーリーに少年の頃かけられた“呪い”。 それは彼と付き合う女性は、次に運命の相手とめぐり合うというもの。 “究極のアゲメン”としてモテモテだが、寝た後は踏み台にされるだけ。 ドジでキュートなペンギン飼育係・キャムに本気で惹かれるが、彼女にもし次の運命の相手が現れたら…。 セクシー・ラブ・コメディ。
 


posted by ミカ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンティング・パーティ

★★★★★ リチャード・ギアがカッコよくなくてちょっとガッカリしたけど、落ちぶれたレポーター役なんだから仕方ないか。 かっこつけないギア様がかえって素敵!

男たち3人3様のこの「ハンティング」への意気込みが伝わってくる。好きな仕事にワクワク一生懸命なのっていいね。 だんだん仕事が仕事でなくなっていくんだよ。 3人が頑張る姿に、笑いつつもグッと来たわ!

そりゃあ、アタシそっちのけで連絡もなく仕事に没頭されちゃ寂しいけど、女は二の次でいーのよ。


【あらすじ】(象のロケット『ハンティング・パーティ』より)
出世した元戦場カメラマンの前に、かつての相棒が現れる。 「ぶっとぶようなネタがある」。 重要戦争犯罪人フォックスの情報だった。 一大スクープを求めて危険地帯に足を踏み入れるが…。 実話を基に、命知らずなジャーナリストたちを描く、ヒューマン・サスペンス。
 
posted by ミカ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

ヒットマン

★★★ 93分があっと言う間で面白かった。 ちょい007って感じで、だったらロマンス部分も大きく膨らませて欲しかったな。 物足りなーい・・・ぐらいがいいの?

エージェント47は超カッコイイ。 でも、スキンヘッドの頭にバーコードじゃ目立ち過ぎ。 あれで暗殺者として雲隠れできるのか? まぶしすぎて、とてもできないだろーよ。


【あらすじ】(象のロケット『ヒットマン』より)
幼少時より完全無欠の暗殺者として教育を受けたヒットマン。 ためらいもなくターゲットを抹殺できる冷徹華麗なプロフェッショナル。 彼の唯一の名前はエージェント47。 陰謀渦巻くロシアで危険な罠にはまり、人生で初めて感情を動かされた女性を守りながらの究極バトルが始まる…。 スタイリッシュ・アクション。

EIDOSの“HITMAN”ゲームに基づく
 
posted by ミカ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜

★★ 寿司がめちゃめちゃ美味しそう。 今もこれ書いてると食べたくなっちゃった。 たまには魅力的なイマ風変わり寿司に目移りしても、やっぱり江戸前だねぇ。

せっかく光一クンがスタントなしのアクションで頑張ってるのに、ギャグが今ひとつ、ひねりの足りないものばかり。 無理して笑ってる感じでカナシイ。 笑いのレベルが上がればもっとずっと楽しめるのに!

笑いのセンスがイマイチの人たちが作ったとしか思えないの。 TVで十分、映画版は必要なしかな。


【あらすじ】(象のロケット『銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜』より)
寿司職人・司。 琉球唐手の達人を志したが、やはり寿司を極めずして武の真髄はつかめない。 修行の道は国内修行編とも言えるTVドラマ版を経て、海外修行編として映画版初登場。 ニューヨークの怪しげなゴージャスSUSHIに対抗し、日本人なら譲れない、シャリ・ネタ・サビの心意気で迫る寿司バトル! 極旨の料理・アクション。

主題歌:堂本光一『No More』
 
posted by ミカ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うた魂(たま)♪

★★★★ゴリたち「湯の川学園」の男声合唱団は、どうしたって誰ひとーり高校生には見えないよ。でもいい味出してるから勘弁してアゲる。 彼らがコンクールで急にお坊ちゃま合唱団に変身するところに大笑い。

全国の不良少年たちよ。 お金かかるバンドより合唱やったら? 好きな曲だけ歌えばいいんだし、燃えるわよん。

薬師丸ひろ子はずーっとこれからもあの路線なのかな。 さすが雰囲気あるねぇ。


【あらすじ】(象のロケット『うた魂(たま)♪』より)
歌声にもルックスにも自信過剰の合唱部員・かすみは、歌う姿を撮影したイケメン生徒会長の牧村に「産卵中のシャケみたい」と言われ大ショック! 退部を決意するが、不良合唱部・湯の川学院高校のソウルフルな歌声に大感激。 番長の権藤に叱咤激励され、自分の歌に足りなかったものに気づいていく…。 合唱スポ根・青春ドラマ。

主題歌:ゴスペラーズ『青い鳥』
 
posted by ミカ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィクサー

★★★ 最初から最後までジョージ・クルーニーのあきらめの表情から目が離せなかった。出演者は彼ひとりだけかしらと思うほど。

ティルダ・スウィントンがこの作品でアカデミー賞助演女優賞を取ったのはおかしいんでないの? だって存在感なかったよ。

全体的に非常に静かな映画だった。地味と言えば地味かな。
 

【あらすじ】(象のロケット『フィクサー』より)
マイケル・クレイトンは、大手法律事務所に所属しながら、決して法廷に出ることのない「フィクサー」=「もみ消し屋」。 借金、息子の親権、父親の病気と、悩みも多い。 そんな中、大規模薬害訴訟を担当する同僚のトップ弁護士が、ある秘密を知り、良心の呵責に耐えかねて被害者側に立ち暗殺される…。 社会派サスペンス。

アカデミー賞助演女優賞
 

posted by ミカ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

美しすぎる母

★★ 不倫・ゲイ・近親相姦・・・何でもありのスゴすぎる乱れた肉体関係!!! 美しすぎる近親相姦図をワクワク期待してたんだよ。

彼らが転々とするあちこちのリゾート地の風景は美しく、美人ママと、美形息子と、絵になる素材ばかり。 

全体映像は美しくないとは言わないけど、近親相姦シーンはそんなに美しくなかった。 

殺人事件に発展する動機も何だかよくわからなかった。


【あらすじ】(象のロケット『美しすぎる母』より)
貧しい家庭で育った美しいバーバラ。 大富豪ベーグランド家のブルックスと結婚するが、数年後に捨てられる。 ニューヨーク・パリ、カダケス、マジョルカ島、ロンドン…、さまよい続ける彼女は、息子トニーへ偏った愛情を示していく。 実際に起こった殺人事件に基づく、スキャンダル・サスペンス。
 
posted by ミカ at 13:41| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シークレットサンシャイン

★★★★★ 夫と息子を亡くしただけでも大変な人生なのに、その後の展開がとーっても複雑で、映画鑑賞って精神的パワーが必要だなと思っちゃった。 ドーンと来る作品だった。 暗くて重たいけどいい映画だと思う。

シネがどんなひどい状態のときでも、明るく励ます不器用男・ジョンチャンは男だぜ! 惚れるね。 私ならきっと虐待しちゃうけど。


【あらすじ】(象のロケット『シークレットサンシャイン』より)
幼い息子ジュンを連れ、ソウルから死んだ夫の故郷・密陽へ引っ越して再出発しようとしていたシネだが、車が故障し立ち往生。 レッカー車を運転してきたのは地元で自動車修理工場を営むジョンチャン。 彼はあれこれシネの世話を焼くが、全く相手にされない。 そんなある日、ジュンが誘拐され殺される…。 二転三転する、エモーショナルなヒューマンドラマ。
 
posted by ミカ at 01:09| Comment(2) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

築地魚河岸三代目

★★★ ちょっと古風だけど、こーゆー義理人情の世界って大好き! 本当に魚河岸ってこんな感じなのかしらん。 築地市場へ異業種から飛び込んだ主人公を思わず応援したくなったよ。

過去に自分がリストラした元上司の奥さんが余命短いと知り、彼女の好きな「魚の煮付け」を届けるシーンが泣かせる。 作るの難しいの知ってるから、本当に食べたくなっちゃった。 ホント美味しいと思うよ。


「魚の煮付けはそんなにおいしいのか? 難しいのか?」ってダンナが言うの。 「そーだよ、なかなか作れないんだよ。 煮崩れず、生臭くない、旨い煮つけって難しいのよ。」 「食べたいなー。 今度作ってよ。」 「今度ね。」 ごめん、ミカ魚さばけないの。 ママに習おうかな。 ダンナのママはすごーい料理上手なの。 こないだもコロッケとポテトサラダを習ったの。 でもその後ウチで登場したのは買ったコロッケとレタスをちぎっただけのサラダ。 だって揚げ物こわいんだもーん。


【あらすじ】(象のロケット『築地魚河岸三代目』より)
商社のエリートサラリーマン・赤木旬太郎。 ひょんなことから恋人・明日香の実家、築地魚河岸の仲卸「魚辰」を手伝うことに。 ド素人が相手にされるはずもない築地市場。 頼りは天性の舌だけ。 悪戦苦闘の日々が始まる…。 本音で仕事する粋な職人たちの、爽やかな魚河岸人情ドラマ。

posted by ミカ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

春よこい

★★★ 海辺の町の風景は哀しく美しい。 地方ならではのムラ社会で、指名手配犯の家族を待ち続ける母子の様子がけなげ。 でも修治が逃亡し続ける理由がイマイチ納得できず、感動しきれなかった。

新聞記者役の西島秀俊が現実的でよかった。 彼が主役に見えたけどな。


【あらすじ】(象のロケット『春よこい』より)
唐津市呼子。 誤って殺人を犯し、逃亡中の修治を待ち続ける妻・芳枝。 息子・ツヨシは父恋しさのあまり、交番の指名手配掲示板に手を伸ばし、父の写真にそっと触れる。 新聞記者・岡本はその姿を感動の記事にするが、心ない噂を蒸し返してしまい親子は窮地に…。 昭和晩年、海辺の町を舞台にした家族愛の物語。
 
posted by ミカ at 22:46| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋の罠

★★★★ 人形が説明するアクロバットのような体位には感心しちゃった。

愛と情欲の違いを問うシーンは、女性ならわかるけど、男性はそんなのどうだっていいってとこだろうよ。

一言で言うなら、コメディ映画。 ポルノ小説家と挿絵画家の研究熱心さと友情に敬服。 好きなんだねー。


【あらすじ】(象のロケット『恋の罠』より)
李朝時代、おとなしく実直な貴族キム・ユンソは、美貌の王妃に依頼された事件をきっかけに、売れっ子覆面官能小説作家になってしまう。 王妃との禁断の情事は、大胆にも挿絵つきのベストセラーに。 しかしそれが隠し通せるはずもなく…。 淫らな関係は愛なのか、それとも情欲なのか? ちょっと笑えるラブ・エロス・ストーリー。
 
posted by ミカ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

アウェイ・フロム・ハー 君を想う

★★★★ おばあさんになってもあんなに美しい女性でいられたらいいなーと思うほど、フィオーナは素敵なレディ。 グラントも献身的な夫だけど、一方では…。

シルバー世代の性の現実に驚いてしまった。 いやらしくなく、きれいだったけど…。 私はまだまだ子どもでした。 これは円熟した大人の作品。深い。


【あらすじ】
元大学教授のグラントと教え子だったフィオーナは結婚44年目。 陽気で美しい妻フィオーナは物忘れが激しくなり、自ら老人介護施設への入所を決意する。入所30日後、待ちかねた妻との面会の日、グラントが目にしたのは自分のことを忘れ、車椅子に乗った男の傍らで恋人のように優しく世話を焼く妻の姿であった…。 美しくも切ない夫婦愛の物語。
(象のロケット『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』より)

posted by ミカ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事に関係のあるトラックバックは大歓迎です!
表示されるまでに1〜2日かかることがあります。ごめんなさい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。